Intel DG1 GPUは、ディスクリートフォームファクターのTiger Lakeで、96個のEUと768個のシェーダーユニットを搭載

(Source:wccftech)

既に噂されている情報は、Intel(Videocardz経由のKOMACHI)によって提出されたEECエントリによって確認されました。DG1グラフィックカードには96EUが搭載されます。DG1がTiger Lakeの設計パターンである場合、各EUはDG1あたり合計768シェーダーユニットの8シェーディングユニットを持ちます。これはTiger Lake とまったく同じ数であり、これまでにわかっている情報と一致します。つまり、DG1は本質的に離散フォームファクターのTiger Lakeです。

IntelのDG1グラフィックスカードは、基本的に96 EUの独立したTiger Lakeグラフィックスです。

まず、EECファイリングから漏れたコードネームを以下に示します。

  • DG1外部FRD1 96EUアクセサリキット(Alpha)開発キット(DGD12KEF3A)
  • ディスクリートグラフィックス96EU DG1 8 + 2 Windows外部PROD HOST SDP(アルファ)(DGD12SEH4A)
  • ディスクリートグラフィックス96EU DG1 6 + 2 Windows外部PROD HOST SDP(アルファ)(DGD12SEH3A)

EECファイリングとは、通常、プロトタイプが完成に向かっていることを意味し、通常、完成品に到達する前の約5〜6か月前とみて良いです。つまり、2020年の6月または7月頃にDG1のブレークカバーが見られる可能性が高いことを意味します。このカードの発売予定日は、Computex 2020またはGamescom 2020です。DG1グラフィックは、IntelがディスクリートGPUとこのEECファイリングは、これが何らかの開発ボードであり、おそらく外部閉鎖の開発ボードであることを示唆しています。パフォーマンスの上限をそれほど簡単に計算することはできませんが、最小パフォーマンスとこのGPUを推定できます少なくともクロックごとに2命令を達成できる必要があります。それ以上でなければ。1400 MHzの最小クロック速度で、2.1 TFLOPと見ています。より高速な1700 MHzを見積もると、2.6 TFLOPになります。いずれにせよ、2.1〜3 TFLOPを実行するGPUと見ており、IPCゲインに応じて、GTX 1650のパフォーマンスレベルをほぼ備えています。正しく価格設定されていれば、これは市場を相当混乱させ、同時にGPU製造業者としてIntelの名前を付ける可能性があります。これはもちろん、大量に生産するためにAIBを起動に乗せることができるかどうかに依存し、これが難しいことを示しています。とはいえ、Intelには問題を解決するのに十分な財源があることを考えると、IntelがGPU事業を順調な滑り出しでスタートする事を確信しています。いずれにせよ、2020年はIntelにとって最初の10nmプロセッサと最初のディスクリートGPUが2020年に到着する予定で、Intelにとっては好調な年になるでしょう。つまり、CES(スニークピークを除く)でほとんど見られないでしょう。そして、私たちはマーケティングのテーマに取り組んでいますが、インテルは私たちの良き友人(かつての同僚)Ashraf Eassaを個別のグラフィックスのマーケティングマネージャーの役​​職に昇進させました。