NVIDIAの次世代GPUアーキテクチャがDRIVE AGX Orinを強化

(Source:wccftech)

NVIDIAは、次世代GPUアーキテクチャ、ARM Hercules CPUコア、および多くのAIパフォーマンスを搭載したチップであるOrin SOCを搭載した最新のDRIVE AGX Orinプラットフォームを発表しました。このプラットフォームは、自動運転車とロボットを対象としており、DRIVE Pegasusボードよりもはるかに優れたパフォーマンスと効率を提供するはずです。

NVIDIAの次世代GPUアーキテクチャとARM HerculesコアがThe Orin SOCを駆動DRIVE AGX Orinで紹介

プラットフォームは、Drive PX Pegasusに代わる次世代のOrin SOCで構成されています。Drive PX Pegasusボードは、複数のXavier SOCとTuring GPUで構成され、500 Wで320のTOPを備えていました。単一のOrin SOCは、1つのチップで200 TOPのパフォーマンスを実現することを目指しており、170億個の巨大なトランジスタを搭載し、NVIDIAのXavier SOCの約7倍のパフォーマンスを実現しています。比較のために、現行のGPU、Volta GV100、およびTuring TU102のトランジスタ数は、それぞれ211億および186億です。NVIDIAは、Orin SOCでどの次世代GPUを使用しているかを具体的に述べていませんが、NVIDIAのAmpere GPUは、来年の発売が予定されており、サブ12nmプロセスノードを備え、VoltaからTuringまで見たもの。Xavier SOCは、最初の製品は、その後継、Orinは、次世代Ampere GPUを発表した最初の製品になることに驚きではありませんが、公にVoltaGPUに言及した発表がありました。

Xavierは、16nmダイに合計70億個のトランジスタと8個のカスタムARM64コアを搭載しています。Orin SOCは、Xavierよりもはるかに高密度のチップであり、12nmの縮小ではなく、トランジスタ密度の大幅な向上を可能にする7nm(EUV)部品であることを確認しています。ARMはロードマップで、Hercules CPUを7nmまたは5nmプロセスで作成できることを示しており、NVIDIAにOrin SOCの構築に必要な柔軟性を与えています。Herculesコアは、Deimos 7nmコアよりも10%高速であるとも述べられています。

NVIDIAの創設者兼CEOであるジェンセンフアン(Jensen Huang)は、次のように語っています。「自動運転車を提供するために必要な投資量は飛躍的に増加し、タスクの複雑さは、Orinのようなスケーラブルでプログラム可能なソフトウェア定義のAIプラットフォームを必要とします。」「輸送業界へのNVIDIAの長期的な取り組みと、革新的なエンドツーエンドのプラットフォームおよびツールにより、膨大なエコシステムが実現しました。AIに取り組んでいるほぼすべての企業が、計算スタックでNVIDIAを利用しています」とSam Abuelsamid氏は述べています。 Navigant Researchの主任研究アナリスト。「Orinは、この進化し続けるテクノロジーストーリーの次の素晴らしい章を実現するのに役立つはずです。NVIDIA経由

Dylan522PがTwitterフィードで共有しているスライドには、Orion SOCのさまざまなDRIVE構成がリストされています。Orionには、15Wで36個のTOPを提供するベース1-Cameraバリアント、40Wで100個のTOPを提供する4-Cameraバリアント、130Wで400個のTOPを提供する2チップバリアントのTDP /ワークロード最適化バリアントがいくつかあるようです-エンド2 Orion + 750Wで最大2000のTOPを提供する2つのディスクリートGPUバリアント。200個のTOPのTDPのように見えますが、単一のSOCは約60〜70ワットになります。

Orion SOCと同じイテレーションと思われる次世代GPUが、310Wで約800のTOPを特徴としています。これは、2つのOrionチップが130Wで400のTOPを提供し、トップのDRIVE SKU(2つのOrionチップも搭載)に予備の620ワットが残​​っているという事実に基づいています。各ディスクリートGPUが310WのTDPを持っている場合、これはそれぞれが800 TOPの合計理論INT8出力を提供していることを意味します。現在、最先端のTU102 GPUを搭載したQuadro RTX 8000の総計算能力は、295Wで206.1 TOPです。これは、NVIDIAの次世代GPUに期待されることを示すチューリングGPUアーキテクチャよりもパフォーマンスが約3.5倍向上しています。NVIDIAは、DRIVE AGX Orinはレベル2およびレベル5の自動運転車と互換性があり、拡張可能であると述べています。また、ISO 26262 ASIL-Dなどの体系的な安全基準を達成しながら、多数のアプリケーションとDNN / AIワークロードを処理するように設計されています。それ以前のXavierと同様に、Orin SOCは、発表から2年後の2022年に生産される車両に搭載される予定です。これは、Orinの生産がそれより早く、おそらく2021年に開始されることを意味します。

NVIDIA Drive PX Generation Comparison

Product NameNVIDIA Drive PXNVIDIA Drive PX 2NVIDIA Drive XavierNVIDIA Drive PegasusNVIDIA Drive AGX Orin
SOC NameTegra X1ParkerXavierXavierOrin
Process Technology20nm SOC16nm FinFET12nm FinFET12nm FinFETTBA
SOC Transistors2 Billion (Tegra X1)N/A7 Billion (Xavier)7 Billion (Xavier)17 Billion (Orin)
GPU ArchitectureMaxwell (256 Core)Pascal (256 Core)Volta (512 Core)Volta (512 Core)Ampere?
CPU16 Core ARM CPU12 Core ARM CPU8 Core ARM CPU16 Core ARM CPU12 Core ARM CPU
CPU Architecture8x Cortex A574x DenverCarmel ARM64 8 Core CPU (8 MB L2 + 4 MB L3)Carmel ARM64 8 Core CPU (8 MB L2 + 4 MB L3)ARM Herclues Cores
8x Cortex A538x Cortex A57
Compute DLTOPsN/A20 DLTOPs30 TOPs320 TOPs200 TOPs
Total Chips2 x Tegra X12 x Tegra X21 x Xavier2 x Volta1 x Ampere
2 x Pascal MXM GPUs2 x Turing
System MemoryLPDDR48 GB LPDDR4 (50+ GB/s)16 GB 256-bit LPDDR4LPDDR4 + GDDR6N/A
Graphics MemoryN/A4 GB GDDR5 (80+ GB/s)137 GB/s1 TB/s200 GB/s
TDP20W80W30W500WTBA

Xavierも2016年に発表されましたが、2017年末から2018年初頭までに利用可能な製品で紹介されました。それにより、Voltaを搭載したGPUも1年後にTitan Vとして利用可能になりました。NVIDIAの次世代GPUアーキテクチャであるAmpereを搭載したGPUの発売をCES 2020で発表すると考えられています。ここでは、NVIDIAから将来のGPUアーキテクチャと次世代製品のロードマップについての詳細が明らかになるようです。

関連記事