Intel Samsungの工場でCPU製造開始?!

(Source:wccftech)

韓国の出版物からのこのレポートが信じるならば、CPUの一部を製造するためにサードパーティの工場を利用しています。これは、Intelが以前TSMCを利用してノースブリッジのような非必須チップを製造していたものの、常にコアプロセッサは社内で製造していました。過去の状況からすると、インテルがCPUを製造するためにサードパーティの工場を利用するのは史上初めてになります。

サムスン、Intelがプロセッサの供給需要を満たすのを支援

わずか1週間前、Intelはパートナーに、供給の問題を修正しないことを謝罪し、直近四半期のCPU需要に対応できないことをお詫びする公開状を送りました。これに続いて、DellなどのOEMが大幅に減少した予測を発表しました。問題は単純で、インテルには、使用できるCAPEXが有限であるため、現在、既に7nmプロセス(Intelの10nmに相当)に移行しているTSMCなどの工場に遅れをとっているのです。現在、Intelは、既存の14nm工場のキャパシティの拡張に割り当てられたCAPEXを使用し、ノード間でそれらを一致させることができないため、市場シェアをAMDに譲ることになります。CAPEXを7nmへ加速する事に費やすこともできますが、こんどは14nmの需要が満たされなくなるため、苦慮しています。このため、サードパーティの工場を使用することは、現状を打破する1つの方法なのです。

ここで問題のレポートは、サムスンの工場とIntelが製品として出荷する実際のCPUダイを製造する契約を結んだことを示しています。これは、インテルが生産に必要とする厳格な基準であるがために、私たちの多くが絶対にありえないと思っていたものです。実際、サンディブリッジ時代には、コスタリカと他の場所で製造されたCPUの間でユーザーの反応に相当なばらつきがあったことを覚えています。Intelが実際にサムスンの工場を利用した場合、同様の問題が発生する可能性があります。IntelのCopy Exactly SOPは社内の工場用に作成されたものであり、その場合でもユーザーは2つの工場間のばらつきを疑っています。サムスンの工場で製造されたCPUは、Intelのものよりも信頼性が低いのでしょうか?政治的なあの問題も絡まなければよいのですが。

インテルの工場ビジネスにとってこれが意味すること

これは明らかですが、サードパーティの工場を利用すると、Intelは既存の14nm設備にCAPEXを費やすことなく、できるだけ早く7nm EUVへの移行に集中することができます。ただし、これにより、インテルの工場ビジネスの将来について興味深い疑問が生じます。すでに設計面で失敗しており、サムスンが貴重なパートナーであることが判明した場合、Intelが望むなら、最終的なスピンオフへの道を開くことになります。社内の工場のスピンオフは非常に厄介な問題であり、以前と同様に会社を制限することになりかねません。とにかく、このレポートが真実であることが判明した場合には、インテルは2020年の第1四半期末までに需要を満たすことができるはずであり、そうでない場合は、市場シェアを減らす事になります。