CPU

Ryzen 9?“Threadripper”のSocketSP3r2の詳細!?

AMDは、最大16-core/32-threadのRyzen9?を販売予定。これは、サーバー向けの“Naples”で用いられるSocketSP3と互換性があり、コンシューマ向けに改良されたSocketSP3r2とのこと、サーバー向け“Naples”で採用のSocketSP3は4094pinLGAで“Threadripper”のSocketSP3r2も同様の4094pinLGAとのこと、物理的な形状やpinの数は同じで、違うところは、TDPとSocket、対応するTDPがSocketSP3が200W以上で、SocketSP3r2は180W以上みたいです。

SocketSP3 SocketSP3r2
CPU Naples Threadripper
Node Max 2 or more 1
DDR4 channels 8 4
Max TDP 200W and higher 180W and higher
pins 4094 4094
Max PCIe 3.0 lanes 128 44

関連記事

  1. Intel Raptor Lake CPUは、クロック周波数6GHzへ…

  2. Intel 第9世代Core世代拡充へ

  3. Intel Ice Lake 2019年末には大量生産

  4. AMD CEO、ムーアの法則について語る

  5. AMD Ryzen Threadripper 2970WX/2920X…

  6. AMD Ryzen Threadripper 3970Xおよび3960…

  7. 第8世代CPUの正式発表前にIntelがその後の継製品 10nm+プロ…

  8. パソコン工房 Core i7-8700K搭載のデスクトップPC 2製品…

  9. AMD Ryzen 3 3100 $ 99クアッドコアCPUがMSIの…

  10. 2021年9月のリリースで噂されているIntelAlder Lake …

  11. AMD Ryzen 4900H RenoirフラッグシップAPUを発売…

  12. Intel 第2四半期中に「Ice Lake」出荷開始

PAGE TOP