AMD Radeon戦略の変更の可能性?!

(Source:wccftech)

今年2月に提出されたAMDの特許は、今後のアップデートまたはグラフィックカード、VRSまたは可変レートシェーディングのいずれかが実装されることを示唆しているようです。可変レートシェーディングは、Nvidiaのグラフィックカードで既に使用されている手法です。VRSを使用すると、GPUは、画面のより複雑でない部分のリソースを節約することで、画面のより複雑な/アクション指向の部分により多くの焦点を当てることができます。この技術は、Nvidiaがベースになるパフォーマンスに関して、AMDの先を行くのに役立ちました。AMDの新しいグラフィックスカードにはVRS(Variable Rate Shading)が付属され、AMDのGPUとNVIDIAの間のギャップが確実に縮みます。GPU市場におけるNvidiaのシェアを獲得できる可能性があります。RX Vega 64は、システムに現在搭載されているGPUであり、VRSを利用して画面のより複雑な部分にのみ電力を消費することができないため、NVIDIAの同等品よりもはるかに多くの電力を使用しています。これは、AMDグラフィックスカードが通常、NVIDIAのカードよりも電力を消費する理由の1つです。AMDは歴史的にGPU市場ではNVIDIA、CPU市場ではIntelに遅れをとっていましたが、ライバルを互角に戦う為に段取りが整ったというところです。

現在リリースされているNAVI GPU RX 5xxxシリーズに可変レートシェーディングが存在することが理論化されています。しかし、残念ながらリリースに間に合うように追加されたようなく、まだまだ調整が必要であるようです。AMDが今後のGPUにこれを組み込むことを計画しています。彼らは、NVIDIAのトップスポットを奪うことができるかもしれません。