IntelのCPU不足終了、誰がそんな事を?!

(Source:wccftech)

Intelにの情報によると、14nmのCPU不足はこの四半期中までに終わるとの事でしたが、残念ながらIntelはこれについては黙っています。彼らのパートナーである主要PC OEM幹部の口からこの不足はさらに数四半期続く可能性があるということです 。

IntelのCPU不足は今後も続く・・・大手PC OEM幹部

IntelのCPU不足は当初、夏の終わりまでに解決すると報告されていましたが、すでに今はもう秋です。不足はそのままです。

HPのPersonal Systems Businessの社長であるAlex Choは、The Registerのインタビューで、不足はIntelのCPU製造のすべてのセクターに影響を及ぼし、特にプロセッサーだけでなく、すべての製品に影響を与えていると述べました。

Intel自身がこの情報を抑制しているため、CanalysのCEOであるSteve Brazierのような外部ソースからの情報となっています。

製造上の問題(Intelがすでに解決しているはずの何か)があれば、いつでもできるでしょう。しかし、Intel自身からの言葉がなく、そのタイミングには現実性がありません。サプライチェーンの情報筋によると、Intelはほとんどの工場を14nmプロセッサーの製造から外し、代わりにサーバーやクラウドコンピューティング企業向けのよりハイエンドなXeonチップの10nmと7nmに注力しています。これが不足を続けることを決定づけ、10nmのロールアウト遅延により、多くの製造工場の稼働率が低下しました。

これがAMDにとって大きなプラスに転じたのです。Intelからより多くの顧客を奪うチャンスが来たのです。このため、多くの消費者とクライアントは、CPUがより多くの価値、より多くのコア、最新の機能セット、最も重要な事実であるCPUの在庫があることを認識して、AMDに切り替えています。