AMD 第2世代EPYC Romeプロセッサー 巨大な39.54億個のトランジスター

(Source:wccftech)

AMDは8月に第2世代EPYC Romeプロセッサを発売しました。チップとその機能についての詳細を取得しました。拡大ダイショットを含むI/Oダイの最新の詳細は、Hardwareluxxによって明らかにされ、これまでのAMDが用意した最も革新的なサーバーチップである事が解ります。

AMD第2世代EPYC RomeプロセッサIODの詳細-シングルダイで834億個のトランジスタ、チップ全体で39.54億個のトランジスタ

AMD EPYC Romeプロセッサは9ダイ設計で構成され、MCM(Multi-Chip-Module)とも呼ばれます。9つのダイは、8つのCCD(演算コアダイ)と1つのIOD(入力/出力ダイ)という構成です。各CCDは、それぞれ独自のL2キャッシュと共有L3キャッシュを備えた4つのZen 2コアを備えた2つのCCX(Compute Core complex)で、8つのCCDはすべて、インフィニティ・ファブリックを使用してI/Oダイに接続されています。

各CCDは74mm2で、39億個のトランジスタです。Ryzenに搭載されているIODのダイサイズは125mm2で、20億900万個のトランジスタで構成されていますが、EPYCに搭載されているIODは、834億個のトランジスタで構成され、416mm2と測定されます。これは、第2世代EPYCチップの最大のダイになります。IODは、1005mm2の8 Zen 2 CCDの測定値と組み合わされ、百万個の395億4千万個のトランジスタでとなります。現在、Romeに搭載されているIODは、Ryzenプロセッサに搭載されているIODよりもはるかに大きくなり、これは、サーバープラットフォームのより厳しい機能セットであるためです。透光を使用して露出すると、IOダイがはっきりと露出し、内部ブロックが非常にはっきりと見えます。

IODの中央スペースの多くはSRAMとクロスバースイッチ専用であり、PCIe Gen 4インターフェースはIODの側面にあります。ダイの上部領域と下部領域は、4つの72ビットDDR4メモリチャネルを備えています。注目すべきは、EPYC2nd Genは、PCIe Gen 4で2倍の帯域幅を提供し、Infinity Fabricのバスへの依存を減らすことで162個のPCIeレーンまで拡張しています。IODに加えて、Zen 2 CCDまたはCompute Core DieもFlickrのOC_Burnerから独自のダイである事を確認しました。同じダイが、Zen 2ベースのRyzen、EPYC、および今後のRyzen Threadripperプロセッサで使用されています。また、EPYCプロセッサのIODは、RyzenプロセッサのIODと比較され、サーバー向けIODがどれだけ大きなチップであるかが明らかになりました。

AMD CPU ロードマップ (2018-2020)

Ryzen FamilyRyzen 1000 SeriesRyzen 2000 SeriesRyzen 3000 SeriesRyzen 4000 SeriesRyzen 5000 Series
ArchitectureZen (1)Zen (1) / Zen+Zen (2)Zen (3)Zen (4)
Process Node14nm14nm / 12nm7nm7nm+5nm/6nm?
High End Server (SP3)EPYC 'Naples'EPYC 'Naples'EPYC 'Rome'EPYC 'Milan'EPYC 'Genoa'
Max Server Cores / Threads32/6432/6464/128TBDTBD
High End Desktop (TR4)Ryzen Threadripper 1000 SeriesRyzen Threadripper 2000 SeriesRyzen Threadripper 3000 Series (Castle Peak)Ryzen Threadripper 4000 SeriesRyzen Threadripper 5000 Series
Max HEDT Cores / Threads16/3232/6464/128?TBDTBD
Mainstream Desktop (AM4)Ryzen 1000 Series (Summit Ridge)Ryzen 2000 Series (Pinnacle Ridge)Ryzen 3000 Series (Matisse)Ryzen 4000 Series (Vermeer)Ryzen 5000 Series
Max Mainstream Cores / Threads8/168/1616/32TBDTBD
Budget APU (AM4)N/ARyzen 2000 Series (Raven Ridge)Ryzen 3000 Series (Picasso 14nm Zen+)Ryzen 4000 Series (Renior)Ryzen 5000 Series
Year20172018201920202021?

しかし、これはほんの始まりに過ぎません。AMDは、それぞれZen 3およびZen 4コアアーキテクチャを使用するコードネームEPYC MilanおよびEPYC Genoaの次世代サーバープロセッサで、より高度なパッケージングとチップレットデザインを使用することが期待されています。今後数年間でAMDとその長期的なZenロードマップがすべて順調に動作する場合、CPU市場のすべてのセクターを再び支配していることがわかります。AMDのEPYC RomeはすでにAmazon(AWS)との主要な取引を確保しています。また、Atos BullSequana XH2000スーパーコンピューターに電力を供給する7nm Romeプロセッサーを提供し、米国エネルギー省が構築し、2021年に展開を目指すフロンティアスーパーコンピューターに次世代のEPYCラインが電力を供給する予定です。