AMD Ryzen 9 3950X販売遅延!! 遅れた真の理由は

(Source:wccftech)

AMDは先週、メインストリームのフラッグシップであるの第3世代RyzenプロセッサRyzen 9 3950Xの発売を11月に延期すると発表しました。いくつかのインサイダーは、7nmの需要が増加したため、TSMCの7nmの容量による遅延の可能性があると報告していました。しかし、Digitimesは、生産と供給の問題ではなく、AMD Ryzen 9 3950Xのクロックが十分に上がらないため遅れ、主力の16コアメインストリームCPU向けに設計調整が行われると告げました。第3世代のRyzenプロセッサーは間違いない優れたパフォーマンスを提供しています。しかし、AMDが先日プロセッサーが公称ブースト周波数に到達できないことを明らかにしました。これにより、AMDはBIOSの修正プログラムをリリースし、問題が修正されました。全体的なパフォーマンスは当初よりも向上しましたが、まだ改善の余地があるようです。

それは、マザーボードメーカーにチップをサンプリングしている結果にあります。Ryzen 9 3950Xでテストしたときに、ほとんどのマザーボードメーカーが製品の公称クロックを維持していないという事実と、一部のインサイダーがこれについて語っているというということです。これらの初期の結果がAMDに設計変更を促すとDigiTimesが明記しているのです。

AMD Ryzen 9 3950Xは、16コアと32スレッドを提供します。今までこのようなコア数は、AM4などのメインストリームプラットフォームでは利用できませんでした。また、12コア、24スレッドのRyzen 9 3900Xも同様の事が言えます。クロック速度に関しては、AMD Ryzen 9 3950Xは3.5 GHzのベースクロックで動作し、AMDのRyzen 3000シリーズプロセッサで最高の超高速4.7 GHzにブーストします。これらは、AMDがHEDT専用だったコア数をメインストリームユーザーに提供する事になります。このCPUは合計72 MBのキャッシュを備え、他のRyzen 9製品と同様に、105 WのTDPです。TDPはベース周波数に基づいているため、CPUがブーストされるか、ユーザーが手動でオーバークロックすると、高くなります。オーバークロックに関しては、他のすべてのRyzen CPUと同様に、Ryzen 9 3950XにはTIMペーストよりも優れた熱伝導性を提供するソルダリング(はんだ付け)設計が採用されています。

この情報からすると、AMDが実際に何等か仕様上で不都合があって11月に延期した事は間違いないようです。

CPU NameRyzen 5 3500Ryzen 5 3500XRyzen 5 3600Ryzen 5 3600XRyzen 7 3700Ryzen 7 3700XRyzen 7 3800XRyzen 9 3900Ryzen 9 3900XRyzen 9 3950X
Cores/Threads6/66/66/126/128/168/168/1612/2412/2416/32
Base Clock3.6 GHz3.6 GHz3.6 GHz3.8 GHzTBD3.6 GHz3.9 GHz4.1 GHz3.8 GHz3.5 GHz
Boost Clock4.1 GHz4.1 GHz4.2 GHz4.4 GHzTBD4.4 GHz4.5 GHz4.3 GHz4.6 GHz4.7 GHz
Cache (L2+L3)16 MB32 MB35 MB35 MB36 MB36 MB36 MB70 MB70 MB72 MB
PCIe Lanes (Gen 4 CPU+PCH)40404040404040404040
TDP65W65W65W95W65W65W105W65W105W105W