Intel Comet Lake 2020年第1四半期へ

(Source:wccftech)

IntelのComet Lake-Sプラットフォームの仕様と発売日は、2019年第2四半期までのロードマップとともに漏れていました。CometLake-Sは、400シリーズに基づいて最大10コアをメインストリームラインナップに導入します。Intelの計画では、LGA 1200 socketの仕様で、2020年第1四半期初頭に発売される予定です。ラインナップには、125W TDPと非常に高いクロックレートの高性能「K」シリーズがあります。現行の300シリーズとの下位互換性はありません。Comet Lake-Sは、Intelの最初の10コアのメインストリームプロセッサを代表するものになります。Intelの14nmプロセスは非常に成熟しているため、クロック速度は実際には10nmのような下位ノードへのシフトダウンが実際に有害になる可能性があります。これにより、デスクトップなどの高性能セグメントの10nmへの移行が非常に難しくなります。このロードマップは2019年第2四半期に終了しているため、2020年後半には10nmデスクトップパーツが発売されると考えられます。