VGA

AMD 「Navi」は、Variable Rate Shadingにより性能を大幅に向上させる?!

(Source:HotHardware)

AMDが「Navi」にVriable Rate Shadingと呼ばれる技術を導入する可能性があることが、最近明らかにされたPatent applicationにより示唆されている。当該となるPatent applicationそのものには「Navi」を特定する記述はないのですが、そのパテントがまとめられ、そして発行されたその日付から可能性は確実にあると思われまず。

Patentがまとめられたのは2017年8月で、発行されたのは2019年2月28日です。AMDは「Navi」を2017年より開発を始めている。そして同時期に7nm FinFET製造プロセスがテープアウトしています。Variable Rate Shadingは知覚しうる描画の忠実性に影響を与えることなく、GPUやその他のリソースの負荷を減らし、追加の性能を得るものです。

Variable Rate Shadingという技術自体は「Navi」特有のものではなく、NVIDIAの「Turing」にも実装されているものであるようです。そしてVariable Rate Shadingは「最も知覚しうる領域の描画」に影響を与えることなく、GPUやその他のリソースの負荷を減らし性能を得るとあることから、描画の最適化に関する技術となるようです。

VR head setは最も恩恵を受ける場面であると説明されている。VR head setにおいては人の視線は中心部に最も焦点が当てられる。NVIDIAの説明ではVariable Rate Shadingは画面の異なる領域ごとに、それぞれ異なったProcessing powerを割り振ることができるようにするものだとある。VR head setを例にとるならば中心部が最も精細な描画を求められ、逆に視野の外れはそれほど重視されない。ゆえに中心部によりProcessing powerを割り振ることで、描画の最適化を行う。HotHardwareでも指摘されているとおり、Patentには直接的に「Navi」だという記載はなかったようであるものの、状況からこの技術が「Navi」に導入される可能性高いとみられる。

関連記事

  1. NVIDIAの電源ケーブルアーキテクチャは、PCIe5.0 12ピン電…

  2. NVIDIA CMP 100HXは、暗号通貨マイニングセグメント用に再…

  3. NVIDIA GeForce RTX 2060のロゴ等が…発売は201…

  4. NVIDIA GTX1660Ti イベントで明らかに

  5. NVIDIAのHopperアーキテクチャはTSMCの5nmプロセスを採…

  6. パソコン工房 約10万円でGeForce GTX 1660搭載のゲーミ…

  7. すぐにテープアウトすると噂されているMCMテクノロジーを搭載したNVI…

  8. Intel Arc Alchemist DG2 GPUは、最大5台のデ…

  9. NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti は 16 GB …

  10. NVIDIA GeForce RTX 2080 Super販売開始

  11. NVIDIA 3nm GPU は 2025 年に発売され、次世代チップ…

  12. GPU市場は2022年第2四半期に急落、NVIDIA、Intel、AM…

PAGE TOP