VGA

次世代 NVIDIA GeForce RTX40 AD102GPUは、PCIeGen4.0プロトコルに固執?!

Kopite7kimiによって報告されているように、Ada Lovelace GPUアーキテクチャに基づくNVIDIAのGeForceRTX40シリーズグラフィックスカードは、既存のPCIe Gen4.0準拠を維持することが期待されています。

NVIDIA GeForce RTX40 AD102 GPUグラフィックスカードはPCIe Gen4.0準拠を維持

NVIDIAは、今年後半に、まったく新しいAda Lovelace GPUアーキテクチャに基づくGeForce RTX40シリーズグラフィックスカードを発売する予定です。グラフィックカードのラインナップの仕様や具体的な構成はすでにリークされていますが、カード自体のデザインはもっと興味深い側面です。

これまでのところ、NVIDIA GeForce RTX40シリーズグラフィックスカードは新しいATX3.0準拠の12PV HPWR16ピンコネクタを採用し、新しいPCIe Gen5電源コネクタインターフェイスを介して最大600Wの電力を引き出すことができます。この電源コネクタは、GeForce RTX 3090Tiグラフィックスカードにすでに搭載されており、現在、トリプル8ピンアダプタを介して最大450Wの電力を引き出すことができます。ただし、PCIe Gen 5.0に完全に準拠するための別の側面があり、それがインターフェイスコネクタ自体です。

現在、最新のグラフィックカードはPCIe Gen4.0プロトコルを介してCPUと通信します。PCIe Gen 4.0プロトコルでは、合計64 GB/sおよび32GB/sの双方向帯域幅が可能です。しかし、IntelとAMDの最新のプラットフォームは、まったく新しいPCIe Gen5.0インターフェイスプロトコルをサポートしています。この新しい標準では、合計で最大128 GB / s、双方向帯域幅が64 GB/sになります。これは基本的に帯域幅を2倍にしますが、今後のグラフィックカードまたは少なくともAD102GPUに基づくハイエンドのGeForce RTX 40グラフィックカードは、PCIe Gen5.0インターフェイスをまだ備えていないようです。

Kopite7kimiからのツイートに基づいて、今後のGeForceRTX40ラインナップはPCIe Gen4.0プロトコルを保持します。これは、Hopper GPUが搭載されているHPCセグメントでホッピングしているにもかかわらず、次世代標準にホッピングしないというNVIDIAによる大胆な動きです。新しいプロトコルを最初に利用することになります。サーバーは多くの帯域幅を必要とし、Gen 5.0プロトコルがそれらの環境に役立つため、HPCラインナップがそれを備えていることは理にかなっています。消費者に関しては、PCIe Gen 5.0インターフェイスは帯域幅が広すぎて、現在のGPUはまだPCIe Gen4.0インターフェイスを完全に確立していません。

現在、PCIe Gen 4.0を使用することは、Gen 3標準に切り替えるときにRadeon RX6500およびRX6400シリーズの場合のように、より低いレーンが装備されている場合にボトルネックを心配する必要がないエントリーレベルのラインナップに適しています。最終的に必要なグラフィックス帯域幅よりも少なくなり、PCIe Gen 4.0準拠の標準と比較してパフォーマンスが低下します。ハイエンドのラインナップがGen 4.0標準に飢えていない場合、ローエンドのラインナップは最大しきい値に達するにはほど遠いです。これまでのところ、NVIDIAが今後のRTX40シリーズカードでPCIe Gen 4.0を本当に保持するかどうかは定かではありませんが、マーケティングが新しいカードにPCIe Gen 5.0のロゴを付けるのと同じように、変わる可能性があります。

PCIe Gen5.0およびPCIe Gen4.0のサポートとは別に、NVIDIAは、CUDAコアがAda Lovelaceアーキテクチャ内に配置される方法にも大きな変更を加える予定です。GeForce RTX 40シリーズのGPUは、Ampereの単純なCUDAコア向上であるだけでなく、まだ詳細に説明されていない一連の新しい混合精度コアを含めることができます。ラインナップはまだ数ヶ月先ですので、随時変更される可能性がありますのでお知らせしていきます。

NVIDIA CUDA GPU (RUMORED) Preliminary

GPUTU102GA102AD102
Flagship SKURTX 2080 TiRTX 3090 TiRTX 4090?
ArchitectureTuringAmpereAda Lovelace
ProcessTSMC 12nm NFFSamsung 8nmTSMC 4N?
Die Size754mm2628mm2~600mm2
Graphics Processing Clusters (GPC)6712
Texture Processing Clusters (TPC)364272
Streaming Multiprocessors (SM)7284144
CUDA Cores46081075218432
L2 Cache6 MB6 MB96 MB
Theoretical TFLOPs16 TFLOPs40 TFLOPs~90 TFLOPs?
Memory TypeGDDR6GDDR6XGDDR6X
Memory Capacity11 GB (2080 Ti)24 GB (3090 Ti)24 GB (4090?)
Memory Speed14 Gbps21 Gbps24 Gbps?
Memory Bandwidth616 GB/s1.008 GB/s1152 GB/s?
Memory Bus384-bit384-bit384-bit
PCIe InterfacePCIe Gen 3.0PCIe Gen 4.0PCIe Gen 4.0
TGP250W350W600W?
ReleaseSep. 2018Sept. 202H 2022 (TBC)

(Source:wccftech)

関連記事

  1. AMD Instinct MI300は、CDNA3アーキテクチャに基づ…

  2. NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti ベンチマーク

  3. NVIDIA GeForce RTX 3090 Tiグラフィックスカー…

  4. NVIDIA GeForce RTX 40グラフィックスカードについて…

  5. AMD New Radeon Software Adrenalin E…

  6. パソコン工房 アラド戦記 推奨パソコン 販売開始

  7. AMD次世代フラッグシップNavi「Radeon RX」GPU仕様のリ…

  8. NVIDIA RTX 50 シリーズ Blackwell GPUは、N…

  9. AMD Radeon VII搭載のカード情報とベンチマークスコア

  10. NVIDIA GeForce RTX3070 16GBGDDR6メモリ…

  11. NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti 8GBのベンチマ…

  12. パソコン工房 第 8 世代インテル Core i7-8700KとGeF…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP