AMD メインストリームPCIeチップの設計をASMediaへ?!

(Source:DigiTimes)

AMDは、台湾のASMedia technologyへ、すべてのメインストリームPCI-Expressチップの設計オーダーを依頼する見込みです。2019年中盤からのPCI-Express 4.0対応後のチップセットであるX570の後も同様であるという。この情報と反対に、ASMediaは今年末までに関連したソリューションのテープアウトを完了できないと見込まれています。

ASMediaはX370およびX470 PCH(Platform Control Hub)を供給する契約をしていましたが、先日、AMDからすべてのX570 PCHを自社設計とするとしていました。しかし、X500 seriesでもAMDとASMediaの協力関係を継続するとのことです。

300 seriesと400 seriesのAMD chipsetはASMediaが供給しています。一方、次の世代となるX570をはじめとする500 seriesチップセットではASMediaのIPからの脱却を図り、自社開発とするという話が出ていました。今回の話では、500 seriesがAMD自社開発であるとしながらも、ASMediaとの協力関係は維持されるというものです。自社開発ではあるが、完全にASMediaから脱却するということができないのかもしれません。、気になるのはASMediaがPCI-Express 4.0に関連したソリューションを今年末までにテープアウトできないということです。500 seriesはチップセットから出るPCI-Expressは3.0止まりになる可能性が高まってきました。