CPU

Intel Tiger Lake-U 4コアCPUは、TB4.3 GHzで、Ice Lakeよりも最大32%高速

(Source:wccftech)

2020年が近づき、IntelのTiger Lake 10nm ++ CPUに関するリークが出始めています。最新のリークは、中国の技術ポータルZhihuによるもので、ユーザーはTiger Lake-Uエンジニアリングサンプルのパフォーマンスメトリックとその仕様を投稿しました。IntelのIce Lakeプロセッサと比較して、クロック速度が大幅に向上しています。

Intel Tiger Lake 10nm ++、テスト済みとされる4.3 GHzの4コア/ 8スレッドCPUエンジニアリングサンプル、15 WでIce Lakeよりも高いクロック、28 W製品で最大64%のパフォーマンス向上

テスト済みのチップは、ES2マーキングのTiger Lake-Uとのこと。これは、2020年に展開が予想されるTiger Lake-Uチップの2番目のエンジニアリングリビジョンです。このチップは合計4コアと8スレッドを備え、シングルコアブースト4.30 GHzのマルチコアを備えているようです。詳細な情報までありませんでしたが、Tiger Lake-U CPUはIce Lake-U CPUと比較されていました。Ice Lake-Uパーツは15W、Core i7-1065G7でした。これは、ベースクロック1.30 GHz、シングルコアブースト3.90 GHz、マルチコアブーストクロックを備えた4コア、8スレッドパーツでもあることがわかっています。 3.50 GHzの。Tiger Lake-Uエンジニアリングサンプルは、15Wと28Wの両方でテストされ、多くの異なる結果につながりました。

SPEC Speedテストでは、15W Tiger Lake-UチップはIce Lake-Uプロセッサよりも約17%高速です。28W製品は、Ice Lake-Uチップよりも約31%高速であり、15W構成のTiger Lake-Uプロセッサよりも約18%高速です。SPEC Rateテストでは、Tiger Lake-U 15W構成はIce Lake-Uチップよりも約26%高速ですが、28W製品はIce Lake-Uチップよりも約60%高速で、15W Tigerよりも約30%高速ですLake-Uチップ。CPUは、Ice Lake-Uと比較して非常に高い電力効率を持ち、これは第2世代の10nmノードを介して可能になると述べられています。過去数週間で、複数のIntel Tiger Lake-Uシリーズチップがリークするのを確認しています。最新のリークが Geekbench 5データベース内でその性能を披露しました。リークは、1.20 GHz(ベース周波数)のベースクロックを示しました。Tiger Lake CPUは、コアあたり3 MBのL3キャッシュとコアあたり1.25 MBのL2キャッシュを備えています。これは、Tiger Lake-Uチップがクアッドコア構成で合計12 MBのL3キャッシュと5 MBのL2キャッシュを備えていることを意味します。

これまでのところ、Tiger Lake-Uプロセッサのラインナップに6コアまたは8コアのCPU構成はありませんが、 8コアを提供することが予想されるAMDのRenoir、Ryzen 4000 APUラインナップに対抗するために6コアの製品が登場する可能性があります。Intel Tiger Lakeプロセッサは2020年に登場する予定であり、アーキテクチャにいくつかの新しい変更が加えられます。まず、Ice Lakeプロセッサに現在搭載されているSunny Coveコアに代わる新しいWillow Coveコアを使用します。新しいコアに加えて、前述のキャッシュの再設計、新しいトランジスタレベルの最適化、および強化されたセキュリティ機能が提供されます。Intelはまた、Xe GPUをTiger Lakeチップに搭載し、現在Ice Lakeチップに搭載されているGen 11 GPUの2倍のパフォーマンスを実現します。

また、Xe GPUアーキテクチャと組み合わせて、10nm ++ノードは、10nm +アーキテクチャの最初の反復と比較して、高速化したクロックを提供する必要があります。Intelは  、10nm ++製品(Tiger Lake)を14nm +++(Rocket Lake)にバックポートするIntelに関する最近のうわさや話があります。しかし、この製品は2021年の発売を目指しているため、この件に関してIntelから公式の発表はありません。しかし、このロードマップがバックポートについて話していることを考えると 、モビリティプラットフォームで10nm ++ノードを利用するWillow Coveコアのバックポートを備えたRocket Lake CPUを実際に見ることができます。

関連記事

  1. Intelは2022年第1四半期にAlderLake-SとAlderL…

  2. Intel 10nm CPU 2019年下半期に製品化予定?!

  3. AMD の第 2 世代 3D V-Cache テクノロジーは、最大 2…

  4. Intel Ice Lake-U/-Yの製品資料公開

  5. Intel 第12世代 AlderLake OC非対応 CPUラインナ…

  6. AMD Ryzen 7 5800H 8コア/16スレッド Cezann…

  7. AMD 組み込み向け「Ryzen Embedded R1000シリーズ…

  8. AMD Ryzen 7 4700G Renoir APUとVega 8…

  9. AMD AM5 LGA 1718ソケットレイアウトとヒートシンクTDP…

  10. AMD Ryzen 3000 seriesのIHSはソルダリング仕様

  11. MCJ LTE対応13.3型モバイルノートパソコン 2月21日(水)販…

  12. NVIDIA GeForce RTX 4070 は、RTX 3070 …

PAGE TOP