Intel、デスクトップ向け第8世代Coreプロセッサ「Coffee Lake-S」を発表

結局、デスクトップ向け第8世代Coreプロセッサは、「Coffee Lake-S」14++nmということになりました。大きな特徴は、LGA 1151ソケットで、初の6コア(i7モデルのみ)を実現しています。Hypre-Threadingにより、12スレッドを利用可能です。また、下位モデルのCore i3もクアッドコアに引き上げられています。ソケット1151で、第7世代と共通ですが、電源設計が異なるために、既存のチップセットでは利用できません。同時投入のIntel Z370チップセットと組みあわせて利用するものになります。また、Intel Z370では第7世代のCPUは利用できないため、事実上、互換性のない新しいプラットフォームとなります。CPUとチップセットはDMI 3.0で接続され、CPUとは2chのDDR4-2666、PCI Express 3.0 x16、Embedded DisplayPort 1.4、DisplayPort 1.2/1.4(外部チップ利用でHDMI 2.0aにも対応可)が直結されます。
チップセットは、PCI Express 24レーンを持ち、Optane MemoryやThunderbolt 3に標準対応するとの事。それでも日本市場で販売されるのは、11月末という噂は生きているようでして、しかも i7-8700Kしか用意されないというもの、さて真相はどうなるのでしょうか。

関連記事