Intel 「Ice Lake」世代では、8コア/16スレッドがメインか?!

Intelが、10nmプロセスの遅延により、2年の遅れたため、「Cannon Lake」はMobile向けに限定されることになったようです。第2世代の10nmプロセスが、「Ice Lake」で、8コア製品がメインストリームとして市場に出回ることらしい。より高性能かつ低消費電力となるようです。そして登場は、2018年下半期のようです。「Ice Lake」について、6月にIntelの公式Twitterアカウントで報告され、その際のツイートで「Ice Lake」が第2世代の10nmプロセスで製造されることが名言されてました。「Cannon Lake」は、当初の予定より縮小されMobile向けのみで、デスクトップ向けは14nm++プロセスの「Coffee Lake(Kaby Lake-R)」から直接「Ice Lake」に移行する形になりそうです。

関連記事