CPU

Intelの高開口数 EUV リソグラフィー採用とTSMC の消極的な姿勢が、業界の優位性のパラダイムを覆す恐れがある?!

バーンスタインのアナリストが顧客に対し、少なくとも2030年まではIntelとの取引を断つよう呼びかけている中、半導体製造業界のかつての巨大企業である同社は周期的などん底にあり、収益の減少と利益率の低下が続く中、今後数年間はその状態が続くと予想されている。しかし、TSMCが最新のリソグラフィー技術の採用に関して、消極的になったことで、Intelが失われた栄光を取り戻すわずかなチャンスが開かれたように感じます。

Intel は、14A (1.4 nm) 製造プロセスに正式に組み込む前に、今後の18A (1.8 nm) プロセス ノードのパラメータ内で高 NA 極端紫外線 (EUV) リソグラフィーを実験する予定

Intel は、14A (1.4 nm) 製造プロセスに正式に組み込む前に、今後の18A (1.8 nm) プロセス ノードのパラメータ内で高 NA 極端紫外線 (EUV) リソグラフィーを実験する予定です。対照的に、TSMCは、次期A16プロセスノードに向けて、生産効率を高めるための複数のマスクや、高度なナノシートベースのトランジスタ設計などの反復的な改善に満足しているようだ。この台湾のチップメーカーは、AIワークロード向け製品のパフォーマンスを向上させるために、チップの裏側から電力を供給するスーパーパワーレールの裏側電力供給にも頼っているようです。

これが問題の核心である。ASMLの高NA EUVリソグラフィーマシン1台あたりの価格は約3億8500万ドルである。このマシンの法外なコストが、TSMCがこの技術に全面的に投資することに消極的である事が、重要な要因である可能性が高い。

しかし、そうすることで、TSMC は、当時潤沢だった資金を新たに導入した EUV リソグラフィーへの支出を控えることで、最終利益を最大化することを決定したIntelの過ちを繰り返すリスクを負うことになる。当時、TSMC は EUV リソグラフィーに全力を注いでおり、その結果、今日に至るまでその賢明な策略の成果を享受し続けている。

もちろん、今回、Intelのパット・ゲルシンガーは、EUVリソグラフィープロセス全体の反復的なアップデートではかなわない比類のない解像度を約束する、高NA EUVリソグラフィーという新興分​​野で圧倒的なリードを獲得することに、自社の存続を賭けている。アメリカの納税者が関連コストのかなりの部分を負担するという事実は、特にバイデン政権のCHIPS法案の資金が、かつての半導体製造大手のこれらのコストを社会化するのに役立っていることから、Intelの危険な賭けに考慮されていたに違いないようです。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. Intel Xe HPC Ponte Vecchio GPUおよびXe…

  2. ドスパラ 「Assault Spy」推奨ゲーミングPCを4機種

  3. AMDが3月15日にメインストリームのRyzen AM4デスクトップC…

  4. AMD 第3世代RYZENの右下の空白はGPUダイには利用されない

  5. パソコン工房 AMD A6-9500 APU を搭載した低価格ミニタワ…

  6. Intel Core i5-12600K CPUはRyzen 5 56…

  7. IntelのCEOは、14Th Meteor Lakeが、2023年末…

  8. AMDのリークされたRyzen CPUおよびAPUロードマップは、20…

  9. Intel 最大8コアのゲーミング/ワークステーションNUC向け次世代…

  10. IntelのドキュメントからMeteor Lake-S デスクトップC…

  11. Intelの次世代Lunar Lake初期サンプルCPUが発見され20…

  12. AMD Lisa Su氏 CES 2019のKeynoteに登壇 いよ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP