VGA

NVIDIA GeForce RTX 50 「Blackwell」 GPU の噂

NVIDIA の GeForce RTX 50 “Blackwell” ゲーミング GPU に関するさらなる噂が、GPU SKU やメモリ構成など、Koptite7kimiによって報告されています。

NVIDIA GeForce RTX 50 “Blackwell” GPU はフラッグシップ GB202 および GB203 チップで構成され、第一世代カードではモノリシック設計が予想され、28 Gbps GDDR7 メモリを使用する可能性が高い

Kopite7kimi は、NVIDIA の次世代 GeForce RTX 50 “Blackwell” GPU に関するいくつかの新しい情報を共有していますが、それらは彼の以前の投稿で聞いたものとはかなり異なるように聞こえるかもしれません。 RTX Ada ラインナップもリリース前に同様の噂があり、以前はほぼ毎日変更されていましたが、これらの仕様が頻繁に変更されるのには十分な理由があります。 NVIDIA は、他のすべての GPU メーカーと同様に、何かを完成させる前に、特定の製品のさまざまな構成、SKU、モデルに取り組んでいます。噂されながらも日の目を見ず、特定の市場でのみ登場した Ampere ラインナップのバリエーションを私たちは見てきました。次世代のラインナップを検討する際にも、これらのことを念頭に置く必要があります。

NVIDIA GeForce RTX 50 ゲーミング GPU にフラッグシップ GB202 および GB203 ダイが登場、モノラルまたは MCM デザインの推測

詳細から説明すると、NVIDIA GeForce RTX 50 “Blackwell” B200 ゲーミング GPU は、主力製品である GB202 および GB203 から始まります。 Ada AD103 がフル AD102 GPU の半分であるのと同様に、GB202 はフルチップであるのに対し、GB203 は GB203 の半分になると言われています。グリーンチームがチップレット設計を活用するのか、モノリシック設計を活用するのかはまだ不明です。 HPC/AI ファミリの場合、GB100 はチップレット設計 (MCM) を利用する予定ですが、ゲーム用 GPU はまだ検証されていません。

Blackwell のフラッグシップは 512 ビット メモリを目指しており、最大 32 GB および 1.8 TB/秒の帯域幅が可能

興味深いことに、Kopite7kimi は現在、フラッグシップ GB202 “Blackwell” Gaming GPU が、フラッグシップ Ada GPU である AD102 の 384 ビット メモリ インターフェイスと比較して、512 ビット メモリ インターフェイスを搭載すると述べています。これは、より高いメモリ帯域幅を提供するだけでなく、メモリ容量も大幅に増加するため、超愛好家セグメントにとって状況を一変させる可能性があります。 16 Gb (2 GB) モジュールを備えた 512 ビット インターフェイスでは、総帯域幅 1792.00 GB/秒で 32 GB の容量が得られます。

そして最後に、28 Gbps GDDR7 メモリ モジュールが第 1 世代製品の標準になるようです。繰り返しになりますが、NVIDIA は、28 Gbps または完全な 32 Gbps モジュールを搭載したハイエンド モデルと並行して、低クロック DRAM を搭載したいくつかのバリエーションを提供する可能性があります。 Kopite7kimi の指摘が正しければ、すべての GeForce RTX 50 “Blackwell” GPU のメモリ階層が大幅に変更されることになります。

GB202 の 512 ビット バス インターフェイスは、後続のメモリが 384 ビットまたは 256 ビットのメモリを使用することを示唆しており、レーンではその逆も同様です。起こり得るのは、512 ビット メモリを搭載した GB202 の一部の製品や、よりコスト効率の高いモデルの余地を作るために他の製品が 384 ビットに削減されることです。または、384 ビットと 256 ビットの両方のバージョンを取得できる GB203 にも同じことが当てはまります。

また、AD104 の後継である GB205 GPU は 192 ビット バス インターフェイスを保持する必要があるとも述べられています。

  • GB202 – 512 ビット / 28 Gbps / 32 GB (最大メモリ) / 1792 GB/秒 (最大帯域幅)
  • GB202 – 384 ビット / 28 Gbps / 24 GB (最大メモリ) / 1344 GB/秒 (最大帯域幅)
  • GB203 – 256 ビット / 28 Gbps / 16 GB (最大メモリ) / 896.0 GB/秒 (最大帯域幅)
  • GB204 – 192 ビット / 28 Gbps / 12 GB (最大メモリ) / 672.0 GB/秒 (最大帯域幅)
  • GB206 – 128 ビット / 28 Gbps / 8 GB (最大メモリ) / 448.0 GB/秒 (最大帯域幅)
  • GB207 – 128 ビット / 28 Gbps / 8 GB (最大メモリ) / 448.0 GB/秒 (最大帯域幅)

もう一度言いますが、これらは単なる噂ですが、もし NVIDIA が今年後半に GeForce RTX 50 “Blackwell” GPU を発売するつもりなら、これらは、皆さんが確実に留まるように、今年を通じて私たちが報告する多くのそのような話の 1 つです。ゲーマー向けの次世代 GeForce ファミリの最新の内部開発に関する最新情報。

NVIDIA GeForce GPU SKUs

GENERATIONBLACKWELLADA LOVELACEAMPERETURINGPASCAL
Process NodeTSMC 3nm?TSMC 5nmSamsung 8nmTSMC 12nmTSMC 16nm
Launch Year20242022202020182016
Ultra-Enthusiast SKUGB202AD102GA102TU102GP102
Enthusiast SKUGB203AD103GA102TU104GP104
High-End SKUGB205AD104GA104TU106GP104
Mainstream SKUGB206AD106GA106TU106GP106
Entry-Level SKUGB207AD107GA107TU116/117GP107

(Source:wccftech)

関連記事

  1. Intel Rocket Lake Core i9-11900K CP…

  2. ドスパラ「World of Warships」推奨ゲーミングPC

  3. GALAXは、GPU暗号通貨マイニングと戦うためにGeForce RT…

  4. AMD Navi12 Navi14 Navi21 Linux向けドライ…

  5. AMD Radeon RX 7000 RDNA 3 GPUがLapto…

  6. NVIDIA GeForce RTX 3080 Tiは2021年1月に…

  7. RTX 4080 & RTX 4070 Ti 向けの NVI…

  8. AMD RDNA 2 GPUは、NVIDIAのAmpereGPUアーキ…

  9. Intel Arc A370M Alchemist Mobility …

  10. AMD Navi 23 2020年HWレイトレーシングをサポート?!

  11. MCJ 最新グラフィックスカード「GeForceRTX 2080 Ti…

  12. 次世代NVIDIA GeForce RTX4090 トップ AD102…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP