VGA

IntelがArc Alchemistを搭載したBeast Canyon NUC Extremeを披露、XeSSテクノロジーでシャドウオブザトゥームレイダーを実行

IntelのRaja Koduriは、ディスクリートグラフィックスカードの独自のArc Aclehmistラインナップを搭載した同社のBeast Canyon NUCを披露しました。

Raja Koduriが、Intel Arc Aclehmistのディスクリートグラフィックカードで今後のBeast Canyon NUC Extremeを披露

Intel NUC Extremeの「Beast Canyon」は入手可能な最も強力なSFFPCの1つであり、デスクトップグレードの第11世代TigerLakeデスクトップ「KB」CPUのサポートとフルレングスのグラフィックカードのサポートを提供します。NVIDIAのRTX 3080Ti Founders Editionグラフィックスカードを利用したNUC Extremeの独自のレビューがあります。これは、SFF PC内に収まる最速のソリューションですが、Intelには独自のディスクリートグラフィックスソリューションであるArc AlchemistがRaja Koduriによって紹介されたプロトタイプビルド内で、実行されているようです。

以前、Raja Koduriはライブインタビューで、自宅のPC内で初期のArc Alchemist GPUをすでに実行していることを明らかにしました。現在、Raja Koduriは最初のNUCエクストリームの「Beast Canyon」ユニットを独自のArc Alchemistグラフィックカードで披露しています。テストユニット内で実行されていたグラフィックカードのバリエーションは示されていませんが、同社のXe SSAI支援スーパーサンプリングテクノロジーを使用してシャドウオブザトゥームレイダーを実行していることがわかります。これは、シャドウオブザトゥームレイダーがIntelのXe SSテクノロジーを利用するいくつかのタイトルの1つになることを確認しています。

Intel NUC Extremeの「Beast Canyon」エンクロージャーは、最大12インチのフルレングスのグラフィックスカードに収まり、ディスクリートグラフィックスカードに2つの8ピン電源コネクタを備えています。これはかなり詰め込まれたPCであり、Tiger Lake CPU用のLGA1200ソケットを備えたNUC11 Compute Element AICを接続するいくつかのライザーカードと、ユーザーが装備したいdGPUに接続する追加のライザーを使用します。

Intelはまた、コードネーム「Dragon Canyon」であるNUC 12 Extremeを間もなく市場に投入し、第12世代Alder Lake CPU(ソケット付きフォームファクター/ LGA 1700)のサポートを特徴とし、Arc AlchemistディスクリートGPUも利用します。Intelは、2022年第2四半期にデスクトップディスクリートArc Alchemistグラフィックスカードを市場販売することを確認しているため、今後数か月以内にカードに関する詳細情報を入手する予定です。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. ASUS ROG Matrix GeForce RTX 4090 限定…

  2. NVIDIA 3rd Turing TU106

  3. NVIDIA PG132ボード3枚のグラフィックカードで発売

  4. AMD CDNAアーキテクチャベースのArcturus GPU「Rad…

  5. NVIDIA GeForce RTX 4080 16 GB ゲーミング…

  6. AMD Radeon RX 6900XTが3.3GHzの記録を更新し、…

  7. AMD Radeon RX 6000「BigNaviGPU」グラフィッ…

  8. NVIDIA GeForce RTX 4070 グラフィックス カード…

  9. NVIDIA、次世代のAmpere GPUを発表8月31日へ向けカウン…

  10. NVIDIA GeForce MX350およびMX330ノートブックG…

  11. ドスパラ GeForce RTX2060を搭載したゲーミングPC「GA…

  12. NVIDIA GeForce RTX 4080 SUPER、RTX 4…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP