CPU

NVIDIA と MediaTek は TSMC の CoWoS パッケージを使用した Arm ベースの CPUを開発へ

NVIDIA が独自の Arm ベース CPU で PC 市場に進出したとの報道に続き、グリーンチームが MediaTek と提携し、Apple や Intel に匹敵する初のプロセッサに CoWoS の 2.5D パッケージング テクノロジーを活用することを示唆する新たな詳細が明らかになりました。

NVIDIA、初の Arm ベース PC CPU で MediaTek および TSMC と提携へ

今週は、NVIDIA と AMD が Apple と Intel に対抗するために Arm の流行に全面的に参加するつもりであると述べたロイターによる大規模なレポートで始まりました。このニュースの直後にモルガン・スタンレーが、NVIDIA が消費者向け PC セグメントを対象とした初の Arm ベースの CPU アーキテクチャに関して Meaditek と協力する可能性があると報じました。また、メダテック社の記者会見で、早ければ今週金曜日にもこの件に関する正式な続報が発表される可能性があるとの報道もある。

現在、中国の技術アウトレットであるUDN (モルガン・スタンレーの引用) は、NVIDIA と MediaTek が提携して、TSMC の高度な CoWoS テクノロジーを利用する最初のテストチップを作成すると報告しています。これは、チップセット風の設計を検討している可能性があることを意味します。 。最初のテストチップは 2024 年の第 2 四半期に製造され、ハイエンドノートブック市場に投入される予定です。

NVIDIA と MediaTek のチップは同じインターポーザー上に CPU と GPU を共同パッケージ化するとも報告されているため、NVIDIA 独自のグラフィックス アーキテクチャを使用した Arm ベースの CPU とディスクリート GPU チップレットを検討している可能性があります。

NVIDIA の Tegra SOC はこれをしばらく前から実行しており、さらに同社には、ハイエンドの H100 GPU と Arm ベースの Grace CPU を組み合わせた Grace Hopper スーパーチップもあります。Tegra と最新の Orin SOC は主に AI とロボティクスに使用され、Superchip は HPC 環境に使用されます。したがって、Apple や Intel に対抗するためにハイエンド ノートブック分野で使用できる真のチップは NVIDIA には存在しません。

MediaTek は、Chromebook 市場にサービスを提供するKompanio Arm チップにより、PC ノートブック市場でも経験があります。MediaTek と NVIDIA によって設計されたカスタム Arm アーキテクチャは、NVIDIA の社内ディスクリート GPU アーキテクチャを使用しながら、ハイエンド ノートブック セグメントに最適に機能します。これらのチップが実際に動作するのを見るまでにはしばらく時間がかかります。以前のレポートによると、NVIDIA の CPU の発売時期は 2025 年と言われているため、長い道のりになるでしょうが、これらの開発は間違いなく興味深いものであり、競争が激化します。 PCセグメントであればあるほど良いです。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. ntel Core i9-11900K 8コア Rocket Lake…

  2. AMD Next-Gen Zen 4 RyzenCPUおよびRDNA3…

  3. パソコン工房 森田悠揮氏監修 3D ペイントツール向けパソコン 販売開…

  4. パソコン工房 iiyama PC、プロeスポーツチーム「RIG」のコラ…

  5. Intel は Computex 2023 で Meteor Lake…

  6. IntelのフラッグシップCore i9-11900K Rocket …

  7. Intel Core i9-12900K フラッグシップCPUがCin…

  8. AMD の第 2 世代 3D V-Cache テクノロジーは、最大 2…

  9. AMD Ryzen 5 PRO 4650G 6コアおよびRyzen 3…

  10. Computex2018 AMD 「Zen 2」世代のEPYC製品投…

  11. AMD Cezanne 8 Core Ryzen 5000G Zen …

  12. Intel Tiger Lakeに搭載されているXeグラフィックスは、…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP