CPU

Intel CEO Pat Gelsingerは、中国が世界で最大かつ最も重要な技術市場の 1 つであると擁護し、ここでの成長は非常にエキサイティングと述べる

Intel CEO Pat Gelsingerは最近、同社の持続可能な開発サミットフォーラムに出席するために中国を訪れました。訪問中、中国が彼らにとって非常に重要であり、テクノロジー世界最大の市場の1つであると述べました。

Intelは中国での技術の成長に非常に興奮しており、世界最大の技術市場と呼ぶ

米国とその同盟国が中国に対して主要なテクノロジー制裁を課している一方で、主要なテクノロジー大手は巨大な市場の可能性のために国内で事業を継続しています。NVIDIA と AMD は依然として中国のプレーヤーにサーバーおよび消費者レベルの製品を提供しており、Intel の CEO である Pat Gelsinger の最近の訪問中に、彼は中国を世界最大の市場の 1 つとして擁護しました。

Intel CEO (Pat Gelsinger) and China’s Commerce Minister (Wang Wentao) shake hands during a meeting in Bejing. (Image Credits: Semiwiki)

Intel CEO Pat Gelsingerは、4 月 12 日に北京でブルー チームが主催した持続可能な開発サミット フォーラムに出席しました。Pat は以前にも中国を訪れたことがありますが、同社の CEO としては初めての訪問でした。このイベントは主に、2030 年までに 100% 再生可能電力に移行し、2040 年までに温室効果ガスの正味ゼロを達成することを目的としていました。Intel はまた、中国の外部水域修復プロジェクトに資金を提供することにより、600 億ガロンの水を節約するという目標を達成します。

「中国は世界最大の市場の 1 つであり、Intelの最も重要な市場の 1 つであるため、中国でのIntelのプレゼンスは非常に重要です。」

-ナショナルレビュー経由

スピーチの後半で、Pat Gelsingerは中国市場について非常に楽観的であり、中国での成長はテクノロジーの観点から非常にエキサイティングに見えると述べました。現在、中国では全国に 520 万台のデータセンター ラックが配備されており、これは 5 年間で年間 30% の成長を遂げており、2022 年末には 670 万台に増加しました。さらに、データセンター業界全体では、全国の電力消費量です。

Intel が第 4 世代 Xeon の「Sapphire Rapids」CPU を基調講演に持ち込んで、その CPU が高速であるだけでなく効率的であり、中国のデータセンターのさらなる成長にどのように役立つかについて語ります。同時に、中国はIntelの最大のライバルである TSMC (台湾半導体製造会社) の本拠地である台湾の海岸近くで軍事訓練と演習を行っています。Intelは、今から数週間後の Computex 2023 の期間中に台湾に出展します。ささいな政治が技術の進歩の妨げになります。

最近、中国の新興企業である Biren Tech は、いくつかの理由で共同創設者が会社を辞めたのを見ました。その理由の1つは、TSMCを使用して、NVIDIAに対抗し、中国の軍事を支援すること、およびデータセンターセグメントを意図したチップを製造することが許可されなくなったことです。しかし、NVIDIA、Intel、および AMD は、中国に販売できるように、また米国の要件を満たすように、チップを作り直しました。中国のテクノロジー部門が成長を続けているため、これらのチップの需要は依然として高く、誰もが逃したくないチャンスです。

(Source:wccftech)

関連記事

  1. Intel Core i9-14900KS CPU はすでに購入者の手…

  2. Intel、2025 年までに AI PC 向けになんと「1 億」もの…

  3. Intel Lunar Lake CPUは2024年後半に限定供給で発…

  4. Intel Core i9-14900KS CPUスペックは小売のリー…

  5. Intel、ロードマップに 14A プロセス ノードを追加、18A お…

  6. Intel Bartlett Lake-S デスクトップ CPU は、…

  7. AMD、最新の Ryzen CPU により、2023 年第 4 四半期…

  8. Crucial T705 Gen5 SSD がヒートシンク搭載で、14…

  9. Intel、Thread Director 仮想化用の新しいパッチをリ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP