CPU

「Coffee Lake(Kabylake-R)」i5でも6Coreで登場か?

Z370製品に搭載できるものであろうCPUの存在が靄の中からあらわれはじめましたね。第8世代となる次期CPUの「Coffee Lake」が9月末~10月に登場との事。しかし、基本的には2015年に登場した「Skylake」と同じようですが変化があったのが、6Core製品の登場です。AMD Ryzenの8Core/16Threadまでは達してませんが、動作クロックは、3.60GHzに対して3.70GHzと少し高いようです。メインストリーム向けでの6Coreは、i5の6Core/6Threadからとなり、i7になると6Core/12Threadのようです。

【Core i 8000 series(Coffee Lake / 14nm / 2ch DDR4 / LGA1151)】
i7-8700K 6Core/12Thread 3.70GHz L3=12MB
i7-8700  6Core/12Thread 3.20GHz L3=12MB
i5-8600K 6Core/6Thread  3.60GHz L3=9MB
i5-8400  6Core/6Thread  2.80GHz L3=9MB

関連記事

  1. Computex2018 Intel 28コアのHEDT向けCPU 「…

  2. AMDは、Intel Sapphire RapidsXeonsに取り組…

  3. AMD Lisa Su、Zen3は今年後半に発売される予定

  4. Intel 「Coffee Lake-S」日本での販売開始は、11月2…

  5. メインストリーム ラップトップ向け 14 コア Intel Meteo…

  6. AMDの次世代StrixPoint Ryzen APUは、ハイブリッド…

  7. Intel Next-Gen Arrow Lake、Lunar Lak…

  8. Intelの新しいパッケージ、新しいロゴ、Intel Corei3-1…

  9. PlayStation5 CPUクロックは3.2 GHz?!

  10. Intel Iris Plus Graphics 655搭載のNUC

  11. Intel Rocket Lake-SデスクトップCPUは8コアでGT…

  12. Intel 14th Raptor Lake Refresh デスクト…

PAGE TOP