Intel Meteor Lake CPU の Redwood Cove P-Core は、E-Core の新しいアーキテクチャである Golden Cove と同様のアーキテクチャを使用

Intel の第 14 世代 Meteor Lake CPUに関する新しい情報が、Coelacanth-Dreamによる同社のオープン ソース データベースで明らかになりました。詳細によると、Meteor Lake CPU は既存の Golden Cove コアの改良版でありながら、E-Core 用のまったく新しいアーキテクチャを備えているようです。

Intel 14Th Meteor Lake CPU: Redwood Cove P-Cores は同じアーキテクチャと微調整、Crestmont E-Cores は新しいアーキテクチャ

詳細は、Intel の第 14 世代 Meteor Lake CPU が再びハイブリッド アプローチを利用することを明らかにしていますが、これは今では驚くべきことではありません。各ハイブリッド CPU ファミリのネイティブ モデル ID がリストされており、0x0 の「コア」と「0x0」の Atom ファミリを持つ Lakefield から始まります。Lakefield SOC は、ハイブリッド アーキテクチャ アプローチに基づく Intel の最初の設計でした。それ以来、Intelは第 12 世代の Alder Lake を発売しており、間もなく第 13 世代の Raptor Lake CPU を発売する予定です。

Intel 第 12 世代 Alder Lake CPU は、golden Cove Pコアとしても知られる 0x0 “コア” と、Crestmont E コアとしても知られる 0x1 Atomを備えています。Intel の第 13 世代 Raptor Lake CPU はこの設計を搭載しますが、Coreレベルで行われたさまざまな変更 (Uarch と間違わないでください) により、同社は P-Core の名前を Raptor Cove に変更することを決定しました。キャッシュやクロックの向上などのいくつかの変更が見られましたが、それらはアーキテクチャの向上とは言い難いものです。

NATIVE MODEL ID

NATIVE MODEL ID
(COELACANTH-DREAM)
TYPE: CORETYPE: ATOM
Lakefield0x00x0
Alder Lake0x10x1
Raptor Lake0x10x1
Meteor Lake0x1?0x2

第 14 世代の Meteor Lake CPU に登場する Redwood Cove P-Core は、再び 0x1 のCore設計に基づくと予想されます。これは、コアレベルのアップグレードが行われる一方で、アーキテクチャは多かれ少なかれ同じままであることを意味します。一方、Crestmont として知られる「Atom」E-Core は、0x2 ネイティブ モデルにアップグレードされます。

Fab42のIntelMeteor Lakeテストチップ。(画像クレジット:CNET)

OneRaichu氏は、Redwood Cove は Sunny Cove コアほどアーキテクチャを拡張せず、主に命令実行効率に焦点を当てると説明しています。分岐予測、マイクロ演算融合、命令ディスパッチ、レジスタリメイク、EU実行効率の改善の話があるので0x1.5とみなしてよい。Intel Meteor Lake CPU は真新しい「Intel 4」プロセス ノードを利用していますが、ノードは 10ESF ほど成熟していない可能性があり、Raptor Lake が提供する高周波数に一致しないクロック回帰が見られます。

一方、IPC は Raptor Lake よりも優れていますが、シングルスレッドのパフォーマンスは大幅に向上しません。以前の噂では、Meteor Lake が Raptor Lake に対して 1 桁の IPC ゲインを提供することが既に示唆されていましたが、2024 年にArrow Lakeが登場するまでの間、AMD CPU を寄せ付けないのに十分なのです。

Intel Mobility CPU Lineup

CPU FAMILYARROW LAKEMETEOR LAKERAPTOR LAKEALDER LAKE
Process NodeIntel 20A '5nm EUV"Intel 4 '7nm EUV'Intel 7 '10nm ESF'Intel 7 '10nm ESF'
CPU ArchitectureHybrid (Four-Core)Hybrid (Triple-Core)Hybrid (Dual-Core)Hybrid (Dual-Core)
P-Core ArchitectureLion CoveRedwood CoveRaptor CoveGolden Cove
E-Core ArchitectureSkymontCrestmontGracemontGracemont
Top ConfigurationTBD6+8 (H-Series)6+8 (H-Series)6+8 (H-Series)
Max Cores / ThreadsTBD14/2014/2014/20
Planned LineupH/P/U SeriesH/P/U SeriesH/P/U SeriesH/P/U Series
GPU ArchitectureXe2 Battlemage 'Xe-LPG'
or
Xe3 Celestial "Xe-LPG"
Xe2 Battlemage 'Xe-LPG'Iris Xe (Gen 12)Iris Xe (Gen 12)
GPU Execution Units192 EUs (1024 Cores)?128 EUs (1024 Cores)96 EUs (768 Cores)96 EUs (768 Cores)
Memory SupportTBDDDR5-5600
LPDDR5-7400
LPDDR5X - 7400+
DDR5-5200
LPDDR5-5200
LPDDR5-6400
DDR5-4800
LPDDR5-5200
LPDDR5X-4267
Memory Capacity (Max)TBD96 GB64 GB64 GB
Thunderbolt 4 PortsTBD422
WiFi CapabilityTBDWiFi 6EWiFi 6EWiFi 6E
TDPTBD15-45W15-45W15-45W
Launch2H 2024?2H 20231H 20231H 2022

(Source:wccftech)

関連記事



*
*
* (公開されません)