Intel Raptor Lake CPUは、クロック周波数6GHzへ、XTUアップデートで説明された新しいオーバークロック機能を提供する最初のx86チップになる可能性あり

Intelの第13世代Raptor Lake CPUは、いくつかの信じられないほどのクロック周波数を誇るようです。おそらく6GHzの障壁を破った最初のx86チップになるでしょう。

噂によると、Intelの第13世代Raptor Lakeが6GHzのクロック周波数で咆哮する、XTUのオーバークロック機能には効率的な熱速度ブーストモードが含まる

Intel第13世代Raptor LakeデスクトップCPUは、新しく拡張されたオーバークロック機能を備えていることが確認されていますが、ブルーチームは私たちが期待できる拡張機能について説明していません。ただし、これらの今後の機能の一部の詳細は、XTU(Extreme Tuning Utility)で明らかにされているようです。

したがって、詳細から始めると、Intelには第13世代Raptor Lake CPUに対応した700シリーズのマザーボードがあり、さまざまな機能のリストの中で電力供給が向上していることがわかります。Intelは新しいCPUでDLVR(デジタルリニア電圧レギュレータ)を利用して全体的な電力効率を改善することが期待されていますが、最近、新しいテクノロジーがモバイルプラットフォームに適しているため、Raptor LakeチップがDLVRを廃止してFVIRを採用する可能性があると聞きました。これは確認されたものではありませんが、DLVRが700シリーズのマザーボードに搭載されていなくても、それほど大きな変化にはなりません。

オーバークロック機能に関しては、数日前にリリースされたIntel XTU(Extreme Tuning Utility)v7.8.0に、将来のプラットフォームサポート用に設計されたいくつかの興味深い機能が追加されています。これは間違いなく第13世代Raptor Lake CPUを指しています。更新されたバージョンにリストされている機能の一部は次のとおりです。

  • コアごとのOCTVBサポートが追加されました
  • パッケージOCTVBサポートを追加
  • 効率的なTVBサポートが追加されました

興味深いのは、これらのオーバークロック機能が第13世代Raptor Lake CPUだけでなく、既存の第12世代Alder Lake CPUにも追加されることです。ただし、現在のラインナップは最新のOCチューンに完全に準拠しておらず、BIOSファームウェアを待たなければならない場合があります。完全にサポートされるパッチ。ETVBモードまたはEfficient(Thermal Velocity Boost)は、AMDのPBO2(Precision Boost Overdrive 2)に似た新しい機能です。

最近、 Intel CPUの噂を追い詰めるのに先んじているOne Raichuは、第13世代のRaptor Lake CPUには、最大6GHzのターボクロック速度を備えたSKUが1つ含まれている可能性があると指摘しました。これにより、Raptor Lakeは6GHzの障壁を破るクロック周波数を提供する最初のx86 CPUファミリになります。AMDがクロック部門で独自のZen4搭載Ryzen7000チップを全面的に使用し、5.5 GHz以上が複数のスレッドで達成され、5.6〜5.8GHzのシングルコアクロックが世間で噂されていることを知っていると、IntelはRaptor Lakeで可能な性能すべてを解き放ちます。

さらに、Intelは今年の終わりまでに、より高いクロックと強化されたゲームパフォーマンスを備えたV-Cacheパーツを備えたRyzen 7000に直面する予定です。ですから、私たちがしばらく言ってきたように、それは彼らの製品をより魅力的に見せ、パフォーマンス/クロック速度と効率の王冠を完全に奪うために彼らが提供できるものを何も抑えない2人の敵の間の1つの激しい戦いになるでしょう。

Intel Raptor Lake vs AMD Raphael Desktop CPUs Comparison 'Expected'

CPU FamilyAMD Raphael (RPL-X)Intel Raptor Lake (RPL-S)
Process NodeTSMC 5nmIntel 7
ArchitectureZen 4 (Chiplet)Raptor Cove (P-Core) Gracemont (E-Core)
Cores / ThreadsUp To 16/32Up To 24/32
Total L3 Cache64 MB (+3D V-Cache)36 MB
Total L2 Cache16 MB32 MB
Total Cache80 MB68 MB
Max Clocks (1T)~5.8 GHz~5.8 GHz
Memory SupportDDR5DDR5/DDR4
Memory Channels2 Channel (2DPC)2 Channel (2DPC)
Memory SpeedsDDR5-5600DDR5-5200 DDR4-3200
Platform Support600-Series (X670E/X670/B650/A620)600-Series (Z690/H670/B650/H610) 700-Series (Z790/H770/B760)
PCIe Gen 5.0Both GPU & M.2 (Extreme chipsets only)Both GPU & M.2 (700-Series only)
Integrated GraphicsAMD RDNA 2Intel Iris Xe
SocketAM5 (LGA 1718)LGA 1700/1800
TDP (Max)170W (TDP) 230W (PPT)125W (PL1) 240W+ (PL2)
Launch2H 20222H 2022

(Source:wccftech)

関連記事



*
*
* (公開されません)