AMD Mero APUは、低電力ハンドヘルドデバイスのバックボーンになる可能性があり

Twitterのリーカー_rogameは、システム情報のスクリーンショットを投稿し、リリースされていないデバイスを参照し、内部のAMD Mero APUについて言及しました。問題の製品はMagic Leap Demophonであり、これは将来リリースされる拡張現実ヘッドセットであると言われています。

Zen 2とRDNA2コアを搭載したAMD Van GoghのバリエーションであるMero APUは、低電力ハンドヘルドデバイスに電力を供給する可能性あり

AMD Meroシリーズとは何ですか?これに答えるためにパズルをつなぎ合わせるには、過去2年間のリークと情報を振り返る必要があります。先月末に登場した_rogameからのツイートは次のとおりです。

もう1つの有名なTwitterリーカーであるKOMACHI_ENSAKAは、AMD APUモデルに関するデバイスIDと表形式の機能のドキュメントから取得したスクリーンショットを投稿しました。しかし、その投稿は、Twitterから削除されました。投稿されたツイートには、さまざまなシリーズのCPUとGPUに使用されるさまざまなAMDコードネームが記載されていました。言及された名前は、Renoir、Van Gogh、Meroでした。当時、KOMACHI_ENSAKAはMero と Van Goghは同一であると主張していました。さら確認していくうちに、2つのシリーズ間のいくつかの小さな違いにより、わずかに異なるように十分に離れています。
ValveのSteamDeckハンドヘルドコンソールは、カスタマイズされたAMD Van Gogh APUを使用してシステムに電力を供給します。独自のAPUはZen2シリーズCPUクラスターであり、8つのスレッドに4つのコアを提供し、2.4〜3.5GHzのプロセスを提供します。オンボードのグラフィックカードはRDNA2ベースのGPUであり、約1.0〜1.6GHzで処理する8つのCUまたはコンピューティングユニットを提供します。
2つのデバイスを比較すると、AMDはVan Goghチップを再設計し、このチップはAMD Meroと見なされるようになりました。未リリースのMagic Leap Demophonヘッドセットには、ユーザーの視界に表示される3次元レンダリングに電力を供給するための適切なGPUが必要です。AMD Meroは、電力効率が高く、ポータブルで、ユーザーが消化しやすいものになります。

AMD Mero APUは、Open GLES3.1とVulkan APIを使用したAndroid 10 OSでのBase Mark GPUテストでサンプリングされました。BaseMark PowerBoardのランキングによると、テストの結果、APUはAMD Ryzen 4000とVega iGPUを使用し、標準解像度の720×920ピクセルで動作するAMD Renoir APUよりも高速であることが証明されました。
Magic Leap Demophonには、リリース日や価格の詳細はありません。より多くの情報が発展するにつれて、私たちはこの物語をたどり続けます。

(Source:wccftech)

関連記事



*
*
* (公開されません)