MSIのATX電源 MEG Ai1300PとAi1000PはGIエンジンを備えた80PLUSプラチナで完全なATX3.0とPCIe Gen5.0に対応

数か月前に、 PCIe Gen5.0規格を最初に搭載したMSIの新しいMEG電源装置を紹介しました。これで、これらのPSUがPCIe Gen 5.0に完全に準拠しているだけでなく、まったく新しいATX3.0標準に基づいていることを確認する詳細が得られました。

MSI MEG Ai1300P&Ai1000P PCIe 5電源装置詳細、80PLUSプラチナ設計のフルATX3.0とPCIe Gen 5.0準拠

MSI MEG電源装置は、メーカーのトップ製品であり、最初はMEG Ai1300P PCIe5とMEG Ai1000P PCIe5の2つのバリエーションがあります。これらのPSUには、ATX3.0およびPCIe Gen5.0準拠のほかにいくつかの機能があります。まず、第一に、定格出力について話さなければなりません。

MSI MEG Ai1300Pは1300Wの電力を提供し、MEG Ai1000Pは1000Wユニットです。MEG Ai1300Pは、108.33Aの+12Vレールを介して1300Wの持続電力を提供します。その電圧は200-240V(50〜60Hz)の間で評価されます。現在、これらのPSUの両方で最も興味深い部分は、GI(ゲーミングインテリジェンス)です。新しいGIは、PSUのAI支援プロセス全体を制御するスマートプロセッサであるMPUに基づいています。GIエンジンがMSIセンターアプリケーションを介して提供する主な機能には、次のものがあります。

  • リアルタイム電力ステータスモニター: MSIセンターを通じて、この電源装置は、GPUとCPUに供給される電力の割合と、使用されるシステムの総W数のリアルタイムステータスを監視するのに役立ちます。
  • マルチ/シングルレールスイッチ:大電流出力と安全保護を考慮しながら、ユーザーのニーズに応じてシングルレールとマルチレールを切り替えることができます。
  • インテリジェントファンモード:電力負荷と内部温度を自動的に検出して、ファン速度を調整します。負荷が55%未満または温度が70度未満の場合、ファンは自動的に停止してノイズを低減します

ここで注意すべきもう1つの最も重要な点は、これらは両方ともPCIe Gen5およびATX3.0に完全に準拠していることです。つまり、PSUユニットに適切なPCIe Gen 5コネクタが付属し、必要なPCIe Gen5ケーブルも付属しています。MSIは、MEG Ai1300PおよびAi1000P PCIe5 PSUシリーズに16ピンから16ピンのコネクタケーブル(最大600W)および個別の16ピンから2xの8ピンプラグアダプタをバンドルしています。1つ目はグラフィックカードに600Wの電力を供給するように設計されており、2つ目はグラフィックカードに最大300Wの電力を供給することができます。ボックスに付属している残りのケーブルは次のとおりです。

カードに最大600Wの電力を供給できる単一の16ピン電源コネクタ。600Wの電力供給に対応するコネクタは、PCIe Gen 5.0と互換性があり、レガシーPCIe Gen 2またはGen 3カード用に設計されていないことがわかります。

電源装置とそのケーブルが邪魔にならないように、次は、PCIe Gen 5とそれに関連する電力エクスカーションについて説明する必要があります。新しいATX3.0規格は、PCIe Gen 5.0コネクタで動作するグラフィックカードの場合、100uSで最大200%、最大100uSで300%の持続電力のPC負荷に耐えるように設計されています。600W GPU、300W CPU、および残りの機器用の300Wを備えたシステムでは、最大2400W(定格W数の200%)のピーク電力エクスカーションがありますが、600WGPUには少なくとも1200W ATX3.0標準電源です。

ゴールドロックゾーンは、次世代のハイエンドグラフィックスカードの1000〜1200 Wの範囲のようです。したがって、RTX4090またはRX7900 XTのいずれかを使用して新しいゲーミングPCを構築することを計画している場合は、必ずATX3.0規格のそれぞれの消費電力範囲内のPSUが必要です。ASUSのような企業は、新しいROG THOR Platinum IIシリーズがPCIe Gen5.0に準拠していることを発表しましたが、ATX 3.0への準拠についてはまだ述べておらず、Gen 5コネクタも備えていないため、主張は非常に厄介です。ASUSがATX3.0に完全に準拠していることを確認できない限り、THOR IIシリーズなどのハイエンドで高価なPSUを入手することは適切な選択ではない可能性があります。

これにより、MSIのPSUラインナップは、新しいPCIe Gen5インターフェイスを完全にサポートする最も早いものの1つになります。現在、価格や入手可能性については発表されていませんが、2022年の第2四半期までに詳細が発表される予定です。さらに、強力なMEG PSUも登場する可能性があります。今後の情報にご期待ください!

(Source:wccftech)

関連記事



*
*
* (公開されません)