NVIDIA GeForce RTX 30グラフィックスカードが潤沢に市場に回り始める、ゲーム用GPUの可用性が向上し価格が正常化へでも円安で効果薄い

NVIDIA GeForce RTX 30シリーズグラフィックスカードは、今日同社が述べているように、補充され潤沢に市場に回り始めています。

GeForce RTX 30シリーズが再入荷し、いくつかのNVIDIAパートナーからさまざまな価格で提供

在庫が戻っていてNVIDIA GeForce RTX30シリーズグラフィックスカードのリストは、次のような完全なラインで販売されています。

  • GeForce RTX 3090Ti
  • GeForce RTX 3090
  • GeForce RTX 3080Ti
  • GeForce RTX 3080
  • GeForce RTX 3070Ti
  • GeForce RTX 3070
  • GeForce RTX 3060Ti
  • GeForce RTX 3060
  • GeForce RTX 3050

没入型レイトレーシング、NVIDIA DLSSによるAIパフォーマンスの大幅な向上、NVIDIA Reflexによるゲームでの応答性、NVIDIA BroadcastによるAIを活用した音声とビデオで究極のプレイを手に入れましょう。

GeForce RTX 30シリーズGPUは、ゲーマーとクリエーターに究極のパフォーマンスを提供します。これらは、NVIDIAの第2世代RTXアーキテクチャであるAmpereを搭載しており、新しいRTコア、Tensorコア、および最もリアルなレイトレーシンググラフィックスと最先端のAI機能を実現するストリーミングマルチプロセッサを備えています。

読者は2021年8月の事を覚えているでしょう、私たちはNVIDIAGeForceグラフィックスカードのRTX30シリーズがパンデミック規制のために9月まで限られた供給であったことを報告しました。この減少は大きく、メーカーのカードの在庫はほぼ50%少なくなりました。

しかし、2022年はこれまでのところ上向きです。今月、ASUSはすべてのRTX 30シリーズカードの価格を引き下げ、売り上げを獲得し、競合他社の1つを上回るブランドに顧客を説得するという積極的な戦略を立てました。これで、他のすべてのメーカーが同じように価格を下げるチャンスがありますが、市場にはまだ何も示されていません。私たちのタレコミの1つからの最近の通知で、EVGAは利用可能なRTX 30シリーズカードをリストしました、そしてメーカーのGPUの大部分はまだ比較的高価です。それに加えて、グラフィックカードの価格は現在MSRPよりも約20〜25%下がり、引き続き下落しており、次世代グラフィックカードの発売の絶好の時期となる2022年半ばまでに正常化することを示唆しています。

シリーズがまだ利用可能である間に、他の会社はNVIDIAによるグラフィックカードの価格を下げようとするのか? それとも、現在のGPU市場では、依然として高コストが支配するか? まだ誰もこれらの質問に答えることはできません。今後数か月の残りがどのように展開するかを確認する必要があります。

とはいうもののドルベースで価格が下がったとしても最近の急激な円安では日本国内のユーザーの手元に届く頃には何ら変更ないか、わずかな値下げにとどまりそうです。

(Source:wccftech)

関連記事



*
*
* (公開されません)