NVIDIA RTX 3090Ti カスタムグラフィックスカードはTDP500W近くになる

特にNVIDIA製のグラフィックカードは、すぐに高性能な冷却が必要なハイエンドPCを実行するためのコア要件になる方向に進んでいるようです。NVIDIAの最新のAda Lovelace GPUは、一部のSKUで600WのTDPを備えていることが確認されており、今後のRTX3090TiカスタムグラフィックスカードでさえTDP 480W近くを消費します。このレベルは通常、PSUが600〜700Wの範囲の電力をVGA用に処理できる必要があることを意味します。これは気が遠くなるようなことです。
カスタムMSI、EVGA、ColorfulのRTX 3090Ti GPUは、TDP 500Wを消費し3.5スロットのデザインで提供
次のRTX 3090Tiカスタムエディションについてです。MSI RTX 3090Ti SUPRIM X、EVGA RTX 3090Ti FTW UltraとColorful RTX 3090Ti Battle AxDeluxe。これらのカードはすべて、Videocardzのおかげでリークされています。3つすべてに共通していることは、少なくともTDP 450W以上です。Ada Lovelaceシリーズが発売されると、1000W近く消費し部屋に熱を放出するハイエンドのゲーミングPCを想像する事ができます。これは、暑い気候に住んでいる場合は、ほぼ確実に一部のアクティブな空調が必要になります。良いニュースは、あなたがより寒い気候に住んでいるなら、あなたは確かにもうスペースヒーターを必要としないということです。日本で考えるなら、冬場に暖房器具は不要?!

EVGA RTX 3090 Ti FTW Ultra

EVGAのFTWシリーズはファンのお気に入りであり、最高のダイを選択することで知られていますが、これは1つのシックなボイです。3.5スロット設計と、GPUの遠く端に配置された電源コネクタを備えています。

Colorful RTX 3090 Ti

Colorfulは、少なくとも3つのRTX 3090 Tiモデル、つまりBattleAx Deluxe、Vulcan、およびNeptuneを計画しているようです。それらのサイズは少し控えめで、より均一な方法でパッケージ化されています。電源コネクタは側面にありますが、これも3.5スロットの設計です。

MSI RTX 3090Ti SUPRIM X

MSIのRTX3000シリーズラインナップのピースデレジスタンスであるRTX3090Ti SUPRIM Xは、なんとTDP 480Wを備えた3.5スロットデザインです。GDDR6X vRAMと1965MHzのめちゃくちゃ高いクロックレートと相まって、この顔を溶かす(文字通りの)レベルのパフォーマンスは、大規模な2.1KGパッケージで利用できるようになります。もちろん、3つのグラフィックカードすべてを使用すると、1メートルトンのパフォーマンスが得られ、NVIDIAのカードはゲートからオーバークロックされます。クロックレートが2GHzに近いため、少なくともAda Lovelaceが登場するまでは、これらは簡単にパフォーマンスの王者になるでしょう。

(Source:wccftech)

関連記事



*
*
* (公開されません)