Intelは、K無Alder Lake CPUをOCしないようにユーザーに警告

先週のレポートによると、最新のIntel K無Alder Lakeプロセッサはオーバークロックできる可能性があり、安価なチップセットでも、熱狂的なファンを魅了しています。ただし、Intelは警告しません。プロセッサをオーバークロックすると、チップの保証が無効になり、プロセッサ自体とコンピュータコンポーネントの両方が損傷することを強調しています。

Intelは、K無 Alder Lakeチップをオーバークロックしたり、保証、プロセッサ、や他の内部コンピュータデバイスを失ったりする事を強調

Tom’s Hardwareは、プロセスに関するニュースが報じられた後、Intelに連絡を取り、本日、同社はニュースソースに対応しました。Intelは、新しいK無CPUシリーズのオーバークロック機能はチップセットのサポートを受けていないと述べています。とにかく、同社はその情報を具体的に述べていなかったため、新しいK無 Alder Lakeシリーズのプロセッサのオーバークロックプロセスの正確なステータスはわかりません。

YouTuber der8auerは、先週末、新しいIntelシリーズのチップでオーバークロックプロセスの機能を示しました。彼は、Alder Lake-S CPUの機能のロックを解除するBCLKと呼ばれる設定について説明しました。

月曜日に、der8auerはIntel Celeron G6900やi3-12100チップなどの他のSシリーズプロセッサをテストしました。

Alder Lake-Sシリーズプロセッサは、リリース日より前に多くの報道と人気を獲得していました。月曜日に、オーバークロックの狂信者Phantom Kは、Intel Core i3-12300チップの世界記録を達成しました。韓国のオーバークロッカーは、33秒強で5441.7MHzの周波数に到達します。土曜日のオーバークロック愛好家の2番目のビデオは、Celeronプロセッサを5,338 MHzにプッシュできることを示しています。これは、標準の冷却オプションを使用すると、オーバークロックが57%増加します。

YouTuber der8auerは、大手マザーボードメーカーがDDR4機能を可能にするB660シリーズボードを設計していたことを報告しており、Alder Lake-Sシリーズチップの手頃な価格のエントリーが見られることを示唆しています。BCLK機能は、ASUS STRIX B660G、ASUS B660F、およびASRock B660 Steel LegendマザーボードのBIOS設定に表示されます。der8auerがテストした唯一のボードはASUS ROG Maximusシリーズでした。

今日のTom’s Hardwareに対するIntelの声明は、次のように説明しています。

Intelの第12世代 K無プロセッサは、オーバークロック用に設計されていません。Intelは、仕様を超えるプロセッサの動作を保証しません。クロック周波数または電圧を変更すると、プロセッサおよびその他のシステムコンポーネントの耐用年数が低下することや破損し、システムの安定性とパフォーマンスが低下する可能性があります。

Intelは、CPUの機能に関して警鐘を鳴らしているように見えますが、新しいCPUのオーバークロックを停止することを望んでいることを意味していません。この機能は、Alder Lake-Sシリーズのコーディングでエラーが発生したと推測されています。同社は、現在の設定を将来のマザーボードリリースで行われないようにするためのアップデートをリリースする予定です。(Source:wccftech)

関連記事