Intel、AMD、NVIDIAの高性能CPUやGPUにより、2022年に最大20%の値上げ?!

Fab42のIntelMeteor Lakeテストチップ。(画像クレジット:CNET)

2022年は、AMD、Intel、NVIDIAの3大企業がチップの価格を最大20%引き上げることを計画しているため、愛好家や高性能CPUおよびGPUユーザーにとって非常に悪いニュースになりそうです。

AMD、Intel、NVIDIAは、2022年に高性能CPUとGPUの価格を最大20%引き上げる準備?!

DigiTimesによる最新のレポートでは、高額な出荷と生産のコストアップが続くなど、いくつかの外部要因により、AMD、Intel、NVIDIAを含むビッグ3がチップの価格を20%程度引き上げます。これらにはGPUの価格だけでなく、CPUも影響を受けます。

レポートによると、TSMCは、AMD Ryzen 7000、AMD Ryzen 6000H / U、NVIDIA GeForce RTX 40、IntelのARCなどのいくつかの次世代GPUおよびCPUに電力を供給する既存の7nmおよび5nmプロセステクノロジーの見積もりをすでにアップしています。IntelはN7プロセスノードの拡張であるTSMCの6nmプロセスに依存しますが、これも同様です。

今年からTSMCが成熟した高度なプロセスノードの見積もりを10〜20%アップしたため、AMDはTSMCで製造されたすべての7nmおよび5nmチップの価格をアップします。

NVIDIAは、今年から5nm のRTX 40 GPUシリーズの長期注文に対してTSMCの前払い金も支払っており、高い製造コストの一部を顧客に転嫁する可能性があると報告されています。-DigiTimesを介してMyDriversから機械翻訳

価格の上昇は、既存のチップ製造プロセスに影響を与えたこれらの変数と外部要因を相殺する予定です。そして、2022年末までにこれらの製品ラインのいくつかで可用性が向上する可能性はありますが、価格がさらに向上するかどうかの確認はなく、それが現在多くの人にとっての主な関心事です。

NVIDIAがTSMCの5nmウェーハ供給を取得するために数十億ドルをどのように費やすかについてはすでに報告しましたが、それはまた、消費者が彼らの技術を利用するこれらの最先端のチップを実際に手に入れるためにもっとお金を払わなければならないことを意味します。AMDはすでにTSMCの7nmノードに基づくZen3製品の価格を引き上げており、 TSMCの5nmノードに基づくRyzen7000はさらに高価になる可能性があります。

IntelのARC GPUとAMDのRDNA2リフレッシュGPUは、TSMCの6nmプロセスノードを利用していることがわかっている唯一の消費者向け製品であるため、供給が向上する可能性がありますが、価格は大きな問題です。Radeon RX 6500 XTグラフィックスカードの小売業者固有の価格に基づくと、AMDが次のカードのより良い供給と価格設定を約束しているにもかかわらず、6nmはこれらのチップ供給の問題すべての影響をかなり受けているようです。

(Source:wccftech)

関連記事