AMD Ryzen 9 6900HX Rembrandt APUの仕様リークアウト

(Source:wccftech)

今日、Ryzen 96900HXなどのRembrandtRyzen 6000APUを搭載した次世代AMDラップトップを待っている人たちにとって興味深いリークがあります。

Ryzen 9 6900HX Rembrandt APUを搭載したAMD高性能ノートパソコン6nmプロセスとRadeon 680M RDNA 2 iGPUに8つの拡張Zen3コアを搭載

私たちの情報源は、AMD Rembrandt APUで最速のRyzen6000チップの1つとなるRyzen 9 6900HXに関するかなりの詳細を教えてくれました。AMDの新しいAPUラインナップは、Ryzen 5000のCezanneシリーズに取って代わり、CPUとGPUの両方のIPのアップデートを行っています。

CPU側では、AMDのRyzen 9 6900HX APUが8コア/16スレッドを提供する予定です。これらのコアは、Zen3コアの拡張バージョンであるが最新のTSMC 6nmオルタネーションを備えた新しいZen3 +アーキテクチャに基づいています。新しいプロセスノードにより、AMDは効率的に実行しながら、ラップトップチップからより多くのジュースを搾り出すことができます。キャッシュに関しては、チップには16MBのL3と4MBのL2キャッシュが付属します。ラップトップで3DV-Cacheテクノロジーを期待している人にとって、それはさらに数世代まで起こりません。

クロック速度に関しては、APUの最大ブーストクロックは4.6 GHzと評価されます。これは、現在のRyzen 9 5900HXと同じですが、Ryzen 9 6900HXの消費電力は少なくなると予想されます。CPUは、ラップトップでDDR5-4800メモリのサポートを可能にし、DDR4メモリよりも帯域幅を大幅に増加させます。

AMD Rembrandt Ryzen 9 6900HXのGPU側では、メジャーアップグレードが行われる予定です。AMDはRDNA2コアアーキテクチャを利用し、新しいチップに搭載するRDNA 2 CUの数は知らされていませんが、チームレッドは統合されたRDNAグラフィックの命名法を変更することを決定したと言われています。Rembrandt以降、AMDはRadeon 6 ** Mブランドを使用します。Ryzen 9 6900HXの特定のiGPUは、Radeon680Mと呼ばれます。RDNA 2はダイレクトの帯域幅を共有し、新しいメモリ標準からの追加の仕組みがここで間違いなく役立つため、DDR5の追加は統合グラフィックスにとって重要な役割を果たします。

ただし、AMD Ryzen 9 6900HXは高性能ノートブックを対象としているため、このAPUが搭載されるほとんどのデザインには、RTX 3070 Ti(8 GB)やRTX 3080 Ti(16GB)とセットにされれた製品になると考えられます。ROGZephyrusやROGSTRIXなど、ASUSのいくつかのデザインが以前にリークされているのをすでに確認しています。CES2022仮想基調講演でAMDからのより多くの情報を期待してください。

AMD Ryzen 9 6900HX Rembrandt APU Specs

APU NameAMD Ryzen 9 6900HXAMD Ryzen 9 5900HXAMD Ryzen 9 4900H
Core ArchitectureZen 3+Zen 3Zen 2
Process Node6nm7nm7nm
Cores / Threads8/168/168/16
Max Clocks4.6 GHz4.6 GHz4.4 GHz
Cache (L3+L2)20 MB20 MB12 MB
Memory SupportDDR5-4800DDR4-3200DDR4-3200
LPDDR5X?LPDDR4-4266LPDDR4-4266
Graphics ArchitectureRDNA 2Vega++Vega+
Graphics CodenameRadeon 680MRadeon Vega 8Radeon Vega 8
Graphics Compute UnitsTBC88
TDP35-54W?35-54W35-54W
LaunchQ1 2022Q1 2021Q1 2020

関連記事