Laptops用 AMD次世代RyzenAPU Phoenix-H(8 Zen 4コア)とRaphael-H(16 Zen 4コア)

(Source:wccftech)

高性能ラップトップ向けのAMDの次世代Ryzen APUには、Zen4搭載のPhoenix-HおよびRaphael-Hファミリが含まれます。Greymon55によるツイートでは、AMDが実際にモバイルファミリのコア数を増やしてIntelのハイブリッドアーキテクチャと競合することを確認しています。

高性能ラップトップ向けのAMDの次世代Ryzen APUには、8コアのZen4 powered Phoenix-H と16コアのRaphael-H

第12世代AlderLake CPUを搭載したIntelは、Golden CoveコアとGracemontコアの両方を含むハイブリッド設計のおかげで、AMDよりもコアとスレッドの数で優位に立つことができます。AMDは独自のラップトップAPUコア数を増やす計画を立てていますが、そのアップグレードはすぐには行われていません。間もなく発売されるRembrandt-H Ryzen 6000 APUファミリは、8コア/16スレッドを維持しますが、これらは6nmプロセスノードの新しいZen 3+アーキテクチャに基づいているため、パフォーマンスの大幅な向上が期待されます。ただし、Intelは最大14コア/20スレッドのチップを提供します。


Intelに取り組むために、AMDの答えはRaphael-Hの形で提供されます。これは、より多くのコア数を念頭に置いて設計された、まったく新しいハイエンドラップトップAPUファミリです。複数の有名なリーカーから、Raphael-Hは最大16コア/32スレッドを搭載すると聞いています。しかし、発売時には、このファミリはIntelのRaptor Lake-HまたはMeteor Lake-H CPUと競合し、コア/スレッド数がさらに増加する可能性があります。Zen 4はIPCの大幅な飛躍をもたらすと期待されています。AMDとIntelのラップトップセグメントでの戦いは今後数年にわたって繰り広げられます。それでは、ラップトップAPUセグメント用のZen4アーキテクチャでAMDが何を持っているかです。

最大8つのZen4コアを搭載したAMD Phoenix-H Ryzen APU

Phoenix APUがAMD Ryzen 7000シリーズに該当すると言っている理由は、Ryzen 5000 Cezanne APUの後継であるRembrandtの後に来るからです。AMDがPhoenixまで命名規則をスキップしない場合、ラインナップは間違いなくRyzen 7000シリーズに該当しますが、Renoirは第3世代、Cézanneは第4世代であるため、第6世代のZen APU製品と考えられます。

Notebook APUのPhoenixラインナップは、FP8プラットフォーム向けに作成されます。AMDのRembrandt APUは、すでにFP7ソケットに搭載されると予想されています。つまり、FP7は1世代のAPUしか持続しません。Phoenix APUは、更新されたNavi GPUアーキテクチャとともに、最大8コア/16スレッドを備えた5nm Zen4プロセッサアーキテクチャを備えていることが期待されています。これらのAPUは2023年頃に発売され、40W未満のTDPになる予定です。

最大16個のZen4コアを搭載したAMD Raphael-H Ryzen APU

AMDは、ローパワーおよびハイエンドのモビリティプラットフォームを対象とするPhoenix APUラインナップだけでなく、Raphael-Hなどとして知られるハイエンドセグメントにもZen4コアアーキテクチャを発表する予定です。 Zen4コアを搭載します。AMD Raphaelのコードネームは、リークされて以来、デスクトップAM5プラットフォームに固有のものです。しかし、最新の噂によると、RaphaelはRaphael-Hチップを搭載した高性能ラップトップにも向かうとのことです。

あまり知られていませんが、RembrandtやPhoenixと同様に、Raphaelチップも統合グラフィックスサポートを提供しますが、標準のAPUチップと比較して、より高いクロックで実行されるCUの数は少ない可能性があります。Raphael-Hチップは、最大16個のZen 4コアを提供すると言われており、AMDのモビリティラインナップをデスクトップ製品と同等にします。既存のラインナップはラップトップで8コア/16スレッドに制限されており、それはPhoenixにも当てはまる可能性があるため、Rapahel-Hブランドでコア数の多いラインナップを開始することは想定できます。APUは、ハイエンドスペクトルのラップトップ設計を目指して、45W以上のTDPが見込まれます。

AMD Ryzen H-Series Mobility CPUs

CPU Family NameAMD Raphael H-SeriesAMD Phoenix H-SeriesAMD Rembrandt H-SeriesAMD Cezanne-H SeriesAMD Renoir H-SeriesAMD Picasso H-SeriesAMD Raven Ridge H-Series
Family BrandingAMD Ryzen 7000 (H-Series)AMD Ryzen 7000 (H-Series)AMD Ryzen 6000 (H-Series)AMD Ryzen 5000 (H-Series)AMD Ryzen 4000 (H-Series)AMD Ryzen 3000 (H-Series)AMD Ryzen 2000 (H-Series)
Process Node5nm5nm7nm+7nm7nm12nm14nm
CPU Core ArchitectureZen 4Zen 4Zen 3+Zen 3Zen 2Zen +Zen 1
CPU Cores/Threads (Max)16/32?8/16?8/168/168/164/84/8
L2 Cache (Max)4 MB4 MB4 MB4 MB4 MB2 MB2 MB
L3 Cache (Max)32 MB16 MB16 MB16 MB8 MB4 MB4 MB
Max CPU ClocksTBATBATBA4.80 GHz (Ryzen 9 5980HX)4.3 GHz (Ryzen 9 4900HS)4.0 GHz (Ryzen 7 3750H)3.8 GHz (Ryzen 7 2800H)
GPU Core ArchitectureRDNA 2 6nm iGPURDNA 2 6nm iGPURDNA 2 7nm iGPUVega Enhanced 7nmVega Enhanced 7nmVega 14nmVega 14nm
Max GPU CoresTBATBATBA8 CUs (512 cores)8 CUs (512 cores)10 CUs (640 Cores)11 CUs (704 cores)
Max GPU ClocksTBATBATBA2100 MHz1750 MHz1400 MHz1300 MHz
TDP (cTDP Down/Up)35W-45W (65W cTDP)35W-45W (65W cTDP)35W-45W (65W cTDP)35W -54W(54W cTDP)35W-45W (65W cTDP)12-35W (35W cTDP)35W-45W (65W cTDP)
LaunchQ1 2023?Q1 2023?Q1 2022?Q1 2021Q2 2020Q1 2019Q4 2018