Intel Core i9-12900K Alder Lake フラッグシップCPUは、5.2GHz OC時330Wの消費電力

(Source:wccftech)

Intel Core i9-12900K Alder Lake CPUの最初のオーバークロックベンチマークがリークし、莫大な電力を消費しながら、AMDのRyzen 9 5950Xを打ち負かしました。

Intel Core i9-12900Kは、5.2GHzの大規模なオーバークロック時330Wの消費電力でAMD Ryzen 9 5950Xを駆逐

Intel Core i9-12900Kは、Intelが11月にZ690プラットフォームに導入する3つのOC対応チップの1つです。ラインナップの中で最速であり、AMD Ryzen 9 5950Xに直接対抗します。以前にチップのいくつかのベンチマークがリークしているのを見てきましたが、BilibiliのコンテンツメーカーであるEnthusiast Citizenが最初のオーバークロックされた印象的で衝撃的な結果をリークしています。

Intel Core i9-12900K CPU仕様

IntelのCorei9-12900K Alder Lake-S CPUは、16コア/24スレッドを搭載しています。これは、8つのPコア(16スレッド)と8つのEコア(8スレッド)に配置されています。CPUは、P-Core(Golden Cove)のコアパーティションごとに3 MB、E-Core(Gracemont)のクラスターごとに3MBに配置された30MBのL3キャッシュを備えています。これは、Pコアから24 MBの場合は8つのPコアであり、それぞれ4つのEコアで構成される2つのクラスターからは6MBです。チップ全体で合計12.5MBの1.25MBのL2キャッシュもあります。

クロック速度に関しては、Intel Core i9-12900Kは、3.2 GHz / 5.3GHzのP-Coreベースとブーストクロックおよび3.0 / 3.9GHzのE-Coreベースとブーストクロックを備えていると予想されます。これらのブーストクロックはシングルコア用です。オールコアブースト周波数は、Pコアで5.0 GHz、Eコアで3.7GHzと予想されます。

Intel Core i9-12900K 5.2GHzオーバークロックパフォーマンス

CPUは、8つのパフォーマンスコアすべてで5.2GHzにオーバークロックされました。CPU-zベンチマーク内で報告されたベンチマークを見ると、シングルコアスコアは3%増加し、マルチスレッドスコアは以前にリークしたストック構成よりも5%増加しました。AMD Ryzen 9 5950Xと比較して、オーバークロックされたIntel Core i9-12900Kは、シングルコアで32%のリード、マルチコアテストで2%のリードです。Ryzen 9 5950Xは、Alder Lakeチップより33%多いスレッド数です。しかし、注意すべきはその莫大な消費電力です。

Intel Core i9-12900K CPUは、5.2 GHz(1.385V)で動作しているときに、全負荷で非常識な330Wの電力を消費しました。小さなコアには触れていないので、それらを押すと、Pコアほど重要ではありませんが、さらに高い電力消費が発生する可能性があります。これは、チップの定格PL1 TDPである125Wの2倍以上の消費電力であり、オーバークロックを計画している場合は、このCPUのパフォーマンスを最大限生かすために非常に高い冷却能力が必要になります。

フルコア5.2G、スモールコアなし、1.385V、消費電力330W

Pcore 5.2Gのみ、Ecoreは変化無か3.7G

BiliBili経由

IntelのAlder LakeデスクトップCPUは、DDR5とDDR4の両方のメモリコントローラーを備え、600シリーズのマザーボードにもDDR5 / DDR4固有のオプションが付属します。ハイエンドマザーボードはDDR5を保持しますが、よりエントリー向けの製品はDDR4サポートになります。Intel Alder Lake CPUのラインナップは、それぞれのZ690プラットフォームおよびDDR5メモリキットとともに11月に発売される予定です。

関連記事