Kioxia がPCIeGen 5.0 SSDプロトタイプパフォーマンスを発表し、最大14000 MB/sの読み取り速度でGen 4.0SSDの約2倍パフォーマンス

(Source:wccftech)

Kioxiaは、既存のGen4.0ソリューションと比較して2倍の帯域幅を提供する次世代PCIe5.0ベースのSSDソリューションの最初のパフォーマンスベンチマークを紹介しました。

KioxiaのPCIeGen 5.0プロトタイプSSDは、より高いIOパフォーマンスとより低いレイテンシーを備えたGen 4.0SSDの2倍の帯域幅をすでに提供しています

フラッシュメモリ製品の世界第2位のメーカーであるKioxiaは、イベント中に、2021年第4四半期に最初のPCI Gen 5.0 SSDを発売すると発表しました。SSDはCD7シリーズとして知られ、2.5インチEDSFFで提供されます。 E3Sフォームファクターは、標準化されたNVMeプラットフォームに移行する前に、最初はGen 5.0 x4接続を使用します。ドライブは、コンシューマーセグメントに到着する前に、最初にデータセンターの8チャネルコントローラーおよびエンタープライズ16チャネルコントローラーセグメントを対象とします。

Gen 5.0 SSDの容量は、1.6TBから30TBの範囲であり、1〜3DWPDを備えていると言われています。特にパフォーマンスについて話すと、Kioxiaが既存のCM6 PCIe Gen 4.0SSDソリューションをプロトタイプのGen5.0SSDソリューションと比較したベンチマークスライドが示されました。まだ初期のパフォーマンスの数値であるにも関わらず数値は驚くべきものです。

PCIe Gen 5.0 SSDプロトタイプは、最大14000 MB / sのシーケンシャル読み取り速度と最大7000MB / sの書き込み速度を特長としています。これは、KioxiaのGen 4 SSDソリューションよりもシーケンシャル速度がそれぞれ103%と67%向上しています。IOパフォーマンスに移行すると、IOPが50%増加する一方で、ランダム読み取りとランダム書き込みのパフォーマンスがそれぞれ最大でほぼ2倍になります。最後に、読み取りレイテンシーが最大77%削減され、書き込みレイテンシーが最大50%削減されるレイテンシーの数値があります。したがって、全体として、次世代PCIe 5SSDは飛躍的なパフォーマンスを期待できるものになっています。

現在、ムーアの法則はCPUおよびDRAMテクノロジに関しては無効ですが、PCIeクロックレートに関しては引き続き有効です。2015年はPCIeの第3世代、2019年は第4世代、2022年は第5世代になります。たとえ多額の費用をかけても、CPUノードを2倍にしてシステムのパフォーマンスを向上させることはできませんが、Gen4SSDの代わりにGen5SSDを購入することで、システムのパフォーマンスを大幅に向上させることができます。-Weixin経由のKioxia

次世代のPCIe5.0 SSDがコンシューマーセグメントに登場する時期については、AMDとIntelのプラットフォームが店頭に並ぶようになるタイミングのため、2022年のいつかになると予想されます。Intel Alder Lake CPUはSSD用のPCIe Gen 5.0(x4)リンクもサポートしますが、業界はPhisonがGen 5.0 SSDコントローラーを大量生産用に完成させるのを待っているようです。

Phisonは、Samsung独自のコントローラーと競合しながら、プレミアムGen 5.0 SSDの選択肢となることは間違いありません。Marvell はまた、PCIe Gen 5.0(NVMe 1.4b標準)に基づくBravera SC5 SSDコントローラーを発表しました。これは、SiliconMotion独自のソリューションとともに2022年に市場に投入されます。