IntelのAlderLakeおよびRaptorLakePCHフィリングがSATAWebサイトに表示

(Source:wccftech)

最近、Intelの従業員が、12世代のAlder Lakeプロセッサと13世代のRaptor Lakeプロセッサの両方の一部となる今後のプラットフォームコントローラーハブのコンプライアンス情報をSATA-IOに投稿しました。両方が同時に提出されれば、Raptor Lakeは間違いなくAlder Lakeラインの後継者になるだろうと推測することができます。SATA-IOに提供される情報は、Alder LakeおよびRaptor Lakeの特定のデバイス識別子(デバイスID 7AB0〜7ACBおよび7A30〜7A4B)を示しています。

LGA1700ソケットは、将来の両方のコンピュータープロセッサシリーズの機能であり、DDR5およびPCIe第5世代ハードウェアも利用します。Raptor Lakeは、Intelのすでに高度なハイブリッドテクノロジーを改善し、LPDDR5Xメモリのサポートを可能にするように設定されており、デスクトップとモバイルの両方のプラットフォームで利用できるようになります。VideoCardzの情報筋は、IntelのWebサイトで公開されるべきではない禁輸文書を同社が投稿したときに、IntelのWebサイトからリストを取得しました。偶発的なリーク以来、情報はインテルのリストから削除されました。

新しいIntel Raptor Lake CPUシリーズは、最近報告した同じ年の第3四半期ではなく、2022年の第4四半期に利用可能になるとの推測があります。AMDは、IntelがRaptor Lakeラインをリリースする準備ができる直前に、Zen4 CPUシリーズをリリースする予定です。

コードネーム「Raphael」のAMDのZen4CPUシリーズは、6nmチップレット設計を特徴とする5nm Zen4コアアーキテクチャを利用します。AMDは、以前のZen3 CPUシリーズと比較して、コア数を増やし、IPCゲインを25%増やし、最大5GHzのクロック速度を達成するという噂もあります。

Intel Desktop CPU Series

 Rocket Lake-SAlder Lake-SRaptor Lake-SMeteor Lake-SLunar Lake-S
Estimated Release Date2021/3/30Q3 to Q4 2021Q4 2022TBDTBD
Node Module14nm10nm Enhanced SuperFin10nm Enhanced SuperFin7nm Enhanced SuperFinTBD
Core µArchCypress CoveGolden Cove + GracemontRaptor Cove + GracemontRedwood Cove + Gracemont (undetermined)TBD
Graphics µArchGen12.1Gen12.2Gen12.2Gen 12.7Gen 13
Max Coreup to 8 coresup to 16 (8+8)up to 24 (8+16)TBDTBD
SocketLGA1200LGA1700LGA1700TBDTBD
Memory SupportDDR4DDR4/DDR5DDR5DDR5DDR5
PCIe GenPCIe 4.0PCIe 5.0PCIe 5.0PCIe 5.0PCIe 5.0
Intel Core Series11th Gen Core-S12th Gen Core-S13th Gen Core-S14th Gen Core-S14th Gen Core-S
Motherboard Chipset SeriesIntel 500Intel 600Intel 700TBDTBD

AMD Zen CPU / APU Roadmap

Zen ArchitectureZen 1Zen+Zen 2Zen 3Zen 3+Zen 4Zen 5
Process Node14nm12nm7nm7nm6nm?5nm3nm?
ServerEPYC Naples (1st Gen)N/AEPYC Rome (2nd Gen)EPYC Milan (3rd Gen)N/AEPYC Genoa (4th Gen)TBA
High-End DesktopRyzen Threadripper 1000 (White Haven)Ryzen Threadripper 2000 (Coflax)Ryzen Threadripper 3000 (Castle Peak)Ryzen Threadripper 5000 (Chagal)N/ARyzen Threadripper 6000 (TBA)TBA
Mainstream Desktop CPUsRyzen 1000 (Summit Ridge)Ryzen 2000 (Pinnacle Ridge)Ryzen 3000 (Matisse)Ryzen 5000 (Vermeer)Ryzen 6000 (Warhol / Cancelled)Ryzen 6000 (Raphael)TBA
Mainstream Desktop APURyzen 2000 (Raven Ridge)Ryzen 3000 (Picasso)Ryzen 4000 (Renoir)Ryzen 5000 (Cezanne)Ryzen 6000 (Rembrandt)Ryzen 7000 (Phoenix)Ryzen 8000 (Strix Point)
Low-Power MobileN/AN/ARyzen 5000 (Van Gogh) Ryzen 6000 (Dragon Crest)TBATBATBATBA

AMDとIntelの両方が、2022年の後半、特に年末商戦前あたりにリリースされる次世代のCPUを準備しているため、両社は、どちらも消費者にとって非常に戦略的なプロモーション活動をするものと考えられています。