Intel Alder Lake と Raptor Lake CPU の噂、デスクトップ「K」およびモビリティ「HX」シリーズで最大 16 コアの第 12 世代と最大 24 コアの第 13 世代

11th Gen Intel Core desktop processors (code-named “Rocket Lake-S”) deliver increased performance and speeds. Intel launched the processors on March 16, 2021. (Credit: Intel Corporation)

(Source:wccftech)

Intel の次世代である第12世代 Alder Lake と次の第13世代 Raptor Lake CPUファミリの設計、仕様、および発売に関する最新情報が、ムーアの法則によって公開されました。疑わしい情報は、MLID の信頼できる情報源から得られたもので、過去数回のハードウェアの発売について非常に正確であることが判明しており一見の価値があります。

Intel 第 12 世代 Alder Lake および第 13 世代 Raptor Lake CPU の噂?! Alder には最大 16 コア、Raptor には最大 24 コア、両方の LGA 1700 デスクトップと「HX」コアユーザー向けノートブックとの互換性

さて、詳細を始める前に、この情報の多くは以前の噂やリークですでに見たものであると指摘する必要がありますが、コンテキストにはさらに多くの情報が追加されているので、最も差し迫った第12世代Alder Lakeから始めましょう。

Intelの第12世代Alder LakeデスクトップCPUについて

公式スライドでは、IntelはAlder Lakeを「画期的なCPUアーキテクチャ」と呼んでいます。同社は、第12世代プロセッサが、マルチスレッドタスクで20%のシングルスレッドパフォーマンスの向上と2倍の向上を提供すると主張しています。Intel Alder Lake CPUは、現在のTiger Lake CPUの製造に使用されている10nm SuperFinプロセスノードの洗練された、より最適化されたバージョンである、まったく新しい10nm Enhanced SuperFinプロセスノードで製造された最初のCPUになります。

Intelがパフォーマンスの向上を比較しているプロセッサフ​​ァミリは明確に述べられていませんが、最近の噂では、Alder Lake CPUはTiger Lakeよりも20%IPCの向上を提供するため、IntelはここでWillowCoveとTiger Lakeについて話している可能性があります。CypressCoveまたは古いHaswellベースの製品でRocket Lakeと比較するよりも理にかなっています。

以下は、Intelの2021アーキテクチャラインナップから期待できるアップデートの一部です。

Intel Golden Cove (Core) Architecture

  • Improve Single-Threaded Performance (IPC)
  • Improve Artificial Intelligence (AI) Performance
  • Improve Network/5G Performance
  • Enhanced Security Features

Intel Gracemont (Atom) Architecture

  • Improve Single-Threaded Performance (IPC)
  • Improve Frequency (Clock Speeds)
  • Improve Vector Performance

以下は、IntelのAlderLakeデスクトップCPUのキャッシュサブシステムの正確な内訳です​​。

Golden Cove Cores

  • 32 KB (L1I) Per Core
  • 48 KB (L1D) Per Core
  • 1280 KB (L2) Per Core
  • 3072 KB (L3) Per Core

Gracemont Cores

  • 64 KB (L1I) Per Core
  • 32 KB (L1D) Per Core
  • 2048 KB (L2) x 4 Cores
  • 3072 KB (L3) x 4 Cores
Intel 12th Gen Alder Lake CPU Rumored Information (Credits: MLID)
Intel 12th Gen Alder Lake CPU Rumored Information (Credits: MLID)

Intelは、Golden Coveコア(Willow Coveの後継)と次世代AtomであるGracemontコアの両方を含むハイブリッドコア設計の使用など、スライドのAlder Lake CPUの主要な機能のいくつかも強調しています。Golden CoveコアはCPUの大きなコアとして機能し、同時マルチスレッディングサポートを備えていますが、Atomコアは非SMT設計に固執します。コア自体のいくつかの新しい機能には、ハードウェアガイドによるスケジューリング、設計の最適化、およびエネルギーを意識したコアパーキングが含まれます。

I / Oに関しては、Intel第12世代Alder Lake CPUラインナップは、PCIe Gen5とPCIe Gen 4の両方のサポート、Intel WiFi 6E(Gig +)、およびThunderbolt4のサポートを備えています。メモリについては、Alder Lake CPUには、デスクトッププラットフォーム用のDDR5 / DDR4からモビリティプラットフォーム用のLPDDR5 / LPDDR4までの幅広いオプションが付属します。今後、Intelは、RaptorLakeと呼ばれるAlderLakeリフレッシュラインのプロセッサにLPDDR5Xサポートを追加します。

Intel Alder Lake-K シリーズ SKU

Alder Lake-S CPU 8+8 CPU SKU を見ると、8 つの Golden Cove コアが 32 KB (L1I) と 48 KB (L1D) のキャッシュ (コアあたり) を備えているように見えます。各 CPU コアは 1280 KB の L2 キャッシュも備えており、合計 10 MB の L2 キャッシュになり、L3 キャッシュはコアあたり 3072 KB または合計 24 MB になります。

Intel Alder Lake-S 8+8 (16 Core / 24 Thread) CPU Block Diagram Mockup By InstLatX64

Gracemont コアに移って、64 KB (L1I) および 32 KB (L1D) キャッシュを備えた各コアを調べています。Intel は、それぞれ 4 つの Gracemont コアで構成される 2 つのスライス間で L2 および L3 キャッシュを分割します。合計 2048 KB の L2 キャッシュまたは合計 4 MB の L2 と、3072 KB の L3 キャッシュまたは合計 6 MB が特徴です。これにより、上位の SKU に合計 30 MB の L3 キャッシュと 14 MB の L2 キャッシュが割り当てられます。正確な SKU に関しては、Alder Lake Core i9 SKU は 16 コアと 24 スレッドを特徴とし、Core i7 SKU は 12 コアと 20 スレッドを特徴とし、Core i5 SKU は 10 コアと 16 スレッドを特徴とします。これらはハロウィーンの頃に導入され、2021 年 10 月 25 日頃に NDAが解禁となり盛り上がると噂されています。さらに、Intel は 2022 年第 1 四半期に、K 以外の Core i9、Core i7、および Core i5 SKU を備えた Alder Lake-S A シリーズ CPU を提供することも計画しています。Core i9 および Core i7 SKU のコア構成は、K シリーズの兄弟と比較して変更されませんが、Core i5 SKU は、わずか 6 コアと 12 スレッドにトーンダウンされます (Gracemont コアを除く)。8 スレッドで Gracemont コアを使用しないクアッドコア設計を維持する Core i3 SKU の場合も同様です。

  • Intel Core i9 K シリーズ (8 ゴールデン + 8 グレース) = 16 コア / 24 スレッド
  • Intel Core i7 K シリーズ (8 ゴールデン + 4 グレース) = 12 コア / 20 スレッド
  • Intel Core i5 K シリーズ (6 つのゴールデン + 4 つのグレース) = 10 コア / 16 スレッド
  • Intel Core i9 A シリーズ (8 ゴールデン + 8 グレース) = 16 コア / 24 スレッド
  • Intel Core i7 A シリーズ (8 ゴールデン + 4 グレース) = 12 コア / 20 スレッド
  • Intel Core i5 A シリーズ (6 ゴールデン + 0 グレース) = 6 コア / 12 スレッド
  • Intel Core i3 A シリーズ (4 ゴールデン + 0 グレース) = 4 コア / 8 スレッド

Intel Alder Lake-P シリーズ SKU

Intel Alder Lake P シリーズは、U15、U28、および H45 を備えています。U15、U28、H45、H65 の定格電力は、それぞれ 15W (12/20W)、28W (20W)、45W (35W)、65W (45W) です。U15 シリーズには、最大 2 つの大きなコアと最大 8 つの小さなコアが搭載されます。U28 シリーズには、最大 6 つの大きなコアと最大 8 つの小さなコアが搭載されます。

Intel Alder Lake-P 6+8 (14 Core / 20 Thread) CPU Block Diagram Mockup By InstLatX64

H45 シリーズには、最大 6 つの大きなコアと最大 8 つの小さなコアが搭載されます。3 つすべてが 96 のグラフィックス実行ユニットを備えています。Uシリーズは、Tiger Lakeプロセッサを搭載したメインストリームおよびパフォーマンスのラップトップに搭載されるようです。H シリーズは、ポータブル ゲーム ラップトップの Tiger Lake-H35 の直接の代替品のように見えます。最後に、マニアックなノートブックでフラッグシップのモビリティ パフォーマンスを提供する予定のフラッグシップ「HX」パーツがあります。これらは、同じ BGA パッケージに PCH と CPU を搭載し、今年初めから市場に出回っている AMD の「HX」ラインナップと競合します。

Intel Alder Lake-M シリーズ SKU

intel Alder Lake M シリーズには、定格電力がそれぞれ 5W (最大 7W) および 9W (最大 12W) の M5 および U9 シリーズがあります。M5 シリーズは、1 つの大きなコアと最大 4 つの小さなコア、および最大 64 のグラフィック実行ユニットを提供します。U9 シリーズは、最大 2 つの大きなコアと 8 つの小さなコアと、最大 96 のグラフィック実行ユニットを提供します。スライドは、これらがタブレットや超薄型ラップトップで使用されることを示しています。

Intel Alder Lake-M 1+4 (5 Core / 6 Thread) CPU Block Diagram Mockup By InstLatX64

Intelの第13世代Raptor Lake CPUについて

Intel は、第 13 世代ファミリとなる Raptor Lake として知られる Alder Lake Refresh ラインナップも準備しています。ラインナップは、あらゆる面でAlder Lakeを強化するものになると予想されます。最初の主要なものは、Raptor Cove と呼ばれる新しいコアであり、Golden Cove コアの更新バージョンであり、いくつかの機能が強化されています。これまでにわかっていることから、Intel Raptor Lake CPUが Alder Lake に代わるものですが、Rocket Lake から Alder Lake への移行が見られるため、大きな変更にはなりません。Alder Lake の第 12 世代 CPU は、10nm Enhanced SuperFin プロセスをベースにしながら、ハイブリッド コア設計アプローチを利用する最初の Intel CPU になります。また、DDR5 および PCIe 5.0 をサポートするまったく新しいプラットフォームに

なります。Raptor Lakeは基本的に、これらの機能のほとんどを引き継いで、プラットフォームとコアの変更にわずかなアップグレードを提供します。

デスクトップの Intel Raptor Lake パーツについては、コア パフォーマンスを向上させるための新しいハイブリッド CPU コアの変更がラインナップされるとされています。パフォーマンスの主要なアップグレードは、Alder Lake の Golden Cove コアよりも改善された IPC、クロック周波数、およびワットあたりのパフォーマンスを提供すると言われている新しいコアによってもたらされます。

コア アーキテクチャ以外の大きなアップグレードの 1 つは、コア数です。ここで、Intel は Alder Lake 世代からの大きなコア (Raptor Cove) の数を維持することを計画していますが、小さなコア (Gracemont) を後押しします。Raptor Lake チップには、8 つの Raptor Cove と 16 の Gracemont コアが搭載されており、マルチスレッドのパフォーマンスが大幅に向上すると述べられています。また、AMD 独自のゲーム キャッシュに対する Intel の答えである可能性のあるゲーム用の CPU キャッシュについても言及されています。これが Raptor Lake に搭載された組み込み DRAM キャッシュなのか、強化された L2/L3 設計になるのかはまだわかりませんが、Intelは、AMDが提供する絶対的な大容量キャッシュと競合するのに役立つ、ゲームでのパフォーマンスの大幅なアップグレードを確実に見られるでしょう。このためRyzen CPU は、今後の 3D V-Cache テクノロジーを提供する必要があります。

Intel 13th Gen Raptor Lake CPU Rumored Information (Credits: MLID)

Intel vPro テクノロジーは、機能セットの面でも拡張されます。デスクトップ用の Raptor Lake CPU は DDR5-5600 MHz+ メモリを利用し、最大 48 の PCIe Gen 5 レーンを備えていますが、モビリティ製品は新しい LPDDR5X メモリをサポートし、新しい DLVR 電力供給システムも取得します。Raptor Lake のラインナップは来年発売される予定で、AMD の Zen 4 搭載 Ryzen Raphaelデスクトップ CPU と直接対戦します。

Intel Desktop CPU Generations Comparison

Intel CPU FamilyProcessor ProcessProcessors Cores (Max)TDPsPlatform ChipsetPlatformMemory SupportPCIe SupportLaunch
Sandy Bridge (2nd Gen)32nm4/835-95W6-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 2.02011
Ivy Bridge (3rd Gen)22nm4/835-77W7-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 3.02012
Haswell (4th Gen)22nm4/835-84W8-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02013-2014
Broadwell (5th Gen)14nm4/865-65W9-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02015
Skylake (6th Gen)14nm4/835-91W100-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02015
Kaby Lake (7th Gen)14nm4/835-91W200-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake (8th Gen)14nm6/1235-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake (9th Gen)14nm8/1635-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02018
Comet Lake (10th Gen)14nm10/2035-125W400-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 3.02020
Rocket Lake (11th Gen)14nm8/16TBA500-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 4.02021
Alder Lake (12th Gen)10nm (ESF)16/24?TBA600 Series?LGA 1700DDR5PCIe Gen 5.0?2021
Raptor Lake (13th Gen)10nm (ESF)16/24?TBA700-Series?LGA 1700DDR5PCIe Gen 5.0?2022
Meteor Lake (14th Gen)7nm (EUV)TBATBA800 Series?LGA 1700DDR5PCIe Gen 5.0?2023
Lunar Lake (15th Gen)TBATBATBA900 Series?TBADDR5PCIe Gen 5.0?2023+