CPU

KabyLake Refresh は短命!? もしかしたら国内メーカーは取り扱わない?

9月までに、4-coreでTDP15Wの「KabyLake Refresh」が第8世代Core iシリーズとして、用意され、来年1月には、「Coffee Lake」が用意される見込みとのことです。世界に1億個程度しか生産しないといわれている「KabyLake Refresh」第8世代Core iシリーズは、3~5か月と非常に短命。MBベンダー内部の方は場合によってはこの第8世代Core iシリーズ用Z370MBを用意しない可能性があるとか!?

現時点でのフォーキャストがパソコンメーカーからエントリーがほぼなく見送る見込みであるという情報もある。はたしてどうなりますか

関連記事

  1. Intel 10nmの歩留まりは解消し、7nm Ponte Vecch…

  2. Intel Meteor Lake-S が再びキャンセルか?!、Arr…

  3. Intel 「Coffee Lake-S」日本での販売開始は、11月2…

  4. Intel が125W、65W、35W モデルを含む 13 種類の A…

  5. Intel Comet Lakeが4月30日に登場

  6. Intel CPU「Plundervolt」の欠陥がセキュリティ脆弱性…

  7. 「Zen 2」について

  8. Intel Core i9 9990XEがリテール市場に?!

  9. AMD Zen 3「4000シリーズ」は600シリーズチップセットでU…

  10. Skylake-Xは、4.00GHz TB 4.50GHz 10C/…

  11. ntel 第 14 世代 Core i9-14900K および Cor…

  12. AMD Ryzen 9 3950Xフラッグシップ16コアメインストリー…

PAGE TOP