Intel Tiger Lake-U Core i7-1195G7 が最新の Geekbench シングルコア ベンチマークでデスクトップ CPU を上回る

(Source:wccftech)

最近、Intel は、Tiger Lake シリーズのモバイル プロセッサの更新として、2つの新しい Tiger Lake-U プロセッサを発表しました。2つのプロセッサは、Intel Core i7-1195G7 と Core i5-1155G7 です。どちらのパフォーマンスについてもあまり知られていませんでしたが、今日、Intel Core i7-1195G7 が Geekbench でベンチマークされました。

Intel 第 11 世代 Tiger Lake-U コア i7-1195G7 は、シングルコア ベンチマークで AMD Ryzen 5000 シリーズ デスクトップ プロセッサ全体を凌駕

Videocardzによって発見されたGeekbench ベンチマークでは、Intel 第 11 世代 Tiger Lake-U Core i7-1195G7 がデスクトッププロセッサを打ち負かすかなり印象的な結果を出しました。シングルコア ベンチマークでは、i7-1195G7 のスコアは 1662 ~ 1700 ポイントでした。マルチコアベンチマークにて。i7-1195G7 は最大 6005 ポイントを獲得しました。これらのスコアにより、i7-1195G7 は Ryzen 5000 シリーズ デスクトップ プロセッサ スイート全体を凌駕し、Ryzen 9 5950X をわずか 3 ポイント上回っています。このスコアは、Intel の第 11 世代 Rocket Lake-S デスクトップ プロセッサのすぐ後ろに位置しています。Core i7-1185G7 および Core i7-1165G7 と比較すると、前述の 2つのプロセッサはシングルコアベンチマークで 1400 ポイントしかスコアしないため、i7-1195G7 はそれらを大きく上回っています。


Intel 第 11 世代 Tiger Lake-U Core i7-1195G7 は、フラグシップの低電力 Tiger Lake プロセッサであり、5.0 GHz シングルコアターボクロックを可能にする Intel Max Turbo 3.0 テクノロジーを使用してこのパフォーマンスを実現できます。このCPUは以前にもリストで見られましたが、前述のGeekbenchベンチマークはi7-1195G7の最初のサードパーティのベンチマークです。プロセッサは CLEVO NV4XMJ の量産前サンプルに含まれているようです。これには、現在購入可能な Tiger Lake-U 製品も含まれています。

Intel 第 11 世代 Tiger Lake-U Core i7-1195G7 は、Alder Lake シリーズプロセッサの発売とともに、おそらくすぐにはリリースされないでしょう。2つの Tiger Lake-U プロセッサの2番目である Core i5-1155G7 はベンチマークされていないため、そのパフォーマンスはまだ不明です。