Intelは10nmプロセスで8コアのTigerLake Hプロセッサを発売、前世代に比べて19%のパフォーマンス向上

(Source:wccftech)

Intelはすでに10nmSuperFinプロセスでTigerLakeの最初のイテレーションを開始しており、それは芸術作品でした。Cinebenchではシングルコアスコアがあり、Apple M1を打ち負かした唯一のx86プロセッサでしたが、大きな欠陥が1つありました。それは4コアに制限されていたということです。現在、同社は成熟した10nmプロセスのTiger Lake Hと呼ばれる8コアバージョンを展開しており、その結果は素晴らしいものです。14nmにほぼ10年を費やした後、Intelはついにサブ14nmプロセスで強力なメインストリームプロセッサを発表しました。

Intelは10nmプロセスで8コアのTigerLake Hプロセッサを発売し、前世代に比べて19%のパフォーマンス向上

興味深いことに触れる前に、Intelは現在合計5つのコンシューマーSKUを発売しています。それらのうちの3つは8コア(16スレッド)であり、それらのうちの2つは6コア(12スレッド)です。Intelは、超成熟した14nmプロセスから驚くほどのクロック速度を維持することに成功しました。残念ながら、Intelはコンピューティングとともにグラフィックスの処理能力を拡大しておらず、ユーザーは引き続き128EUのXeグラフィックスをパッケージで入手できます。

Intel 11th Generation Tiger Lake-H CPU Specs

CPU NameCPU ArchitecturePlatformCores/ThreadsBase ClockBoost Clock (Max on 1-Core)CacheGPU (Xe) CoresGPU (Xe) ClockTDP
Core i9-11980HK10nm Tiger Lake SuperFinTiger Lake-H8/162.6 GHz5.0 GHz24 MB32 EUs (256 Cores)1450 MHz45W (cTDP 65W)
Core i9-11900H10nm Tiger Lake SuperFinTiger Lake-H8/162.5 GHz4.9 GHz24 MB32 EUs (256 Cores)1450 MHz45W (cTDP 35W)
Core i7-11800H10nm Tiger Lake SuperFinTiger Lake-H8/162.4 GHz4.6 GHz24 MB32 EUs (256 Cores)1450 MHz45W (cTDP 35W)
Core i5-11600H10nm Tiger Lake SuperFinTiger Lake-H6/122.9 GHz4.6 GHz12 MB32 EUs (256 Cores)1450 MHz45W (cTDP 35W)
Core i5-11400H10nm Tiger Lake SuperFinTiger Lake-H6/122.7 GHz4.5GHz12 MB32 EUs (256 Cores)1450 MHz45W (cTDP 35W)
Core i5-11260H10nm Tiger Lake SuperFinTiger Lake-H6/122.6 GHz4.4 GHz12 MB32 EUs (256 Cores)1450 MHz45W (cTDP 35W)
Core i7-11390H10nm Tiger Lake SuperFinTiger Lake-H4/83.4 GHz5.0 GHz12 MB96 EUs (768 Cores)1350 MHz35W (cTDP 45W)
Core i7-11375H10nm Tiger Lake SuperFinTiger Lake-H4/83.3 GHz5.0 GHz12 MB96 EUs (768 Cores)1350 MHz35W (cTDP 45W)
Core i7-11370H10nm Tiger Lake SuperFinTiger Lake-H4/83.3 GHz4.8 GHz12 MB96 EUs (768 Cores)1350 MHz35W (cTDP 45W)
Core i5-11320H10nm Tiger Lake SuperFinTiger Lake-H4/83.2 GHz4.5 GHz12 MB96 EUs (768 Cores)1350 MHz35W (cTDP 45W)
Core i5-11300H10nm Tiger Lake SuperFinTiger Lake-H4/83.1 GHz4.4 GHz12 MB96 EUs (768 Cores)1350 MHz35W (cTDP 45W)

それでは、ベンチマークについて説明しましょう。始める前に、これらはファーストパーティのベンチマークであるため、市場に登場するものが同じとは考えないでください。ただし、これらの数値に見られるマージンを考慮すると、AMDの部品がパフォーマンスのリーダーシップを持つ可能性は低いです(ただし、エネルギー効率のリーダーシップは残っています)。フラッグシップの戦いでは、最初に、Core i911980HKとAMDRyzen 9 5900HXがあります。Intelの部分は平均してほぼ20%のマージンでAMDの部分を快適に打ち負かしています。これは現時点では戦いではなく、虐殺です。AMDのラップトップは実際にはGPUに10W以上の電力を使用していることは注目に値します。

次は、ミッドレンジのCorei5がAMD Ryzen 9 5900 HSハイエンドプロセッサとの闘いに勝ちました。これは、部品取引が打撃を与えるほど11980HKほど明確な勝利ではありませんが、Core i5がミッドレンジ部品であり、Ryzen 9 5900HSがハイエンド部品であることを考えると、Intelがここで明らかに曲がっていることを示しています。

最後に、Intelはパフォーマンスの向上を前世代のプロセッサと比較しました。世代間でほぼ19%の違いがあります。これは驚くべきことであり、昔のIntelで見られたようなパフォーマンスの向上です。

IntelはTigerLake Hシリーズで絶対に壮観なショーを開催しましたが、今では10nmデスクトップとMeteorLakeでどのように機能するかを待つしかありません。