AMD RyzenCPUの割り当てと可用性の更新2021年第1四半期

(Source:wccftech)

今四半期にRyzenプロセッサのアップグレードを検討している読者向けにいくつかの更新があります。私たちの情報源は、AMDでの暫定的なCPU割り当てとビルド計画、および特定のRyzenモデルの可用性に関して何を期待できるかを教えてくれました。AMDが圧倒的な需要に溢れていることを考えると、この情報により、ユーザーはより良い購入決定を下すことができ、AMDの非常に需要の高いZen3ベースのRyzen CPUに関しての期待を判断することもできます。

2021年第1四半期のAMD Ryzen CPU割り当てと可用性

TSMCは、ほぼすべての半導体業界の中心的なチョークポイントに急速になりつつあり、ウェーハの保護は非常に困難になっています。これが、AMDのような企業がSKUミックスを継続的に管理し、特定の製品の割り当てを更新して、圧倒的な需要の波に対して自社の供給量を最大化する必要がある理由からです。2021年の第1四半期のAMDでのCPU割り当て情報を得ましたが、それらは次のとおりです。

  • 5950X, 5900X, 3800X, 3300X and 3100 Very Low Qty.
  • 3900X, 3700X, 3200G, 3400G and 3600X Some Qty.
  • 5800X, 5600X and 3600 Decent Qty.

AMD HEDTのお客様にとって残念なことに、Ryzen 5950Xと5900Xは四半期を通じて非常にタイトになり(これらの部品には大量の需要があります)、高額のプレミアムを支払わずに手に入れるのは非常に困難になります。これを書いている時点で、希望小売価格がUSD$799のRyzen 5950Xは、AmazonでUSD$1199または50%のプレミアムで見つけることができます。Ryzen 5900Xの希望小売価格はUSD$549で、AmazonでUSD$840または53%のプレミアムで購入できます。私たちの情報源によると、この低供給/高需要の状況は、第一四半期の残りの間同じままになるでしょう。AMDの古いRyzen3800X、3300、および3100も、この四半期の可用性が非常に低くなります。ただし、興味深いことに、AMDは古いRyzen 3900X、3700X、および3600Xに「いくらかの」割り当てを与えています。これらは過去にAMDが提供する製品の基本であることが証明されており、同社はこれらのSKUを随時利用できるようになり、価格は比較的リーズナブルなままであるはずです。Ryzen 3200Gと3400Gもこの可用性ブラケットに含まれ、大量ではありませんが以前より多くなるようです。

最後に、「良いニュース」があります。AMDのZen3は、次のSKUで今四半期に大量/大量に利用できるようになります。Ryzen 7 5800XとRyzen 5 5600Xの両方が今四半期に大量に利用できるようになります。Ryzen 7 5800Xの希望小売価格はUSD$449で、AmazonでUSD$548で購入できます。これは、22%のプレミアムであり、第1四半期に進むにつれて改善されます。Ryzen 5 5600Xの希望小売価格はUSD$299で、AmazonでUSD$388または29.7%のプレミアムで購入でき、四半期に進むにつれて安くなります。AMD Ryzen 5 3600は、2021年第1四半期のビルドプランでも非常に適切に割り当てられており、これでも価格が安定することが期待できます。

AMDのZen3にアップグレードする場合は、Ryzen 7 5800Xが最適です。低予算で検討する場合、Ryzen 5 3600も優れたオプションです。これら3つのプロセッサはすべて適切に割り当てられているため、チャネルが供給に追いつき、ロジスティクスの遅れが解消されるため、これらのプロセッサの価格はさらに下がると予想されます。