Intel Core i9-11900KおよびCorei7-11700K Rocket Lake 8コアデスクトップのCPUベンチマークがリークしオールコアで5.3GHzにOC

11th Gen Intel Core desktop processors (code-named “Rocket Lake-S”) will deliver inceased performance and speeds. They will launch in the first quarter of 2021. (Credit: Intel Corporation)

(Source:wccftech)

IntelのCore i9-11900KとCore i7-11700K 8コア Rocket Lake Desktop CPUの2つの新しいベンチマークがリークされました。ベンチマークはGeekbench5内で発見され、シングルスレッドパフォーマンスに関しては再び大幅なパフォーマンスの向上を示しています。

Intel Core i9-11900KおよびCore i7-11700K 8コア RocketLakeデスクトップCPUのベンチマークは、マルチスレッドテストで5.2GHzにOCした場合のCorei9-10900Kと同等

リークされたベンチマークは、TwitterのフェローであるLeakbenchとTUM_APISAKによって発見されました。両方のエントリは、Intelで今日からあるCore i9-11900KはGIGABYTE Z490 AORUSマスターボード&上で動作しているCore i7-11700K colorful Z590MゲームPROマザーボード上で確認されています。

Intel Core i9-11900K 8コア/16スレッドRocketLakeデスクトップCPU仕様

Intel Core i9-11900Kは、フラッグシップの第11世代RocketLakeデスクトップCPUになります。このCPUは、8コア/16スレッドを備えています。これにより、16 MBのL3キャッシュ(コアあたり2 MB)と4 MBのL2キャッシュ(コアあたり512 KB)になります。クロックに関しては、CPUは3.5 GHzの基本周波数で動作しますが、ブーストに関しては、CPUは5.2 GHz(1コア)の最大ブーストクロックを備え、全コアブースト周波数は4.8GHzに維持されます。

このCPUは、最大クロック周波数で100MHzのジャンプを実現する熱速度ブーストも備えています。これにより、5.3 GHzのシングルコアブーストクロックが実現し、箱から出してこのような高周波数に到達した最初のCPUになります。ただし、Cypress Coveコアの使用に関係なく、Core i9-11900KはIntel Core i9-10900Kよりも低いコアとスレッドを備えていることを忘れないでください。これは部分的に、洗練された14nmプロセスノードでのCypress Coveコーブのバックポートによるものです。CPUは、フラッグシップIntel SKUの標準である125Wの第1ステージの電力制限を備えていると言われており、第2ステージの電力制限またはPL2の定格は250Wです。

Intel Core i7-11700K 8コアおよび16スレッドRocketLakeデスクトップCPU仕様

Core i7-11700Kの仕様を見ると、チップはCore i9-11900Kと同じコア構成を備えていますが、クロック速度が低下していることがわかります。このCPUは、シングルで3.60 GHz、5.0 GHzのブーストクロック、8コアすべてで4.6GHzのベースクロックを備えていると言われています。CPUは同じ量のキャッシュを保持するため、何も変更されていませんが、主な違いはクロックと電力制限にあるはずです。このビンの小さいチップは、約225〜250 W(PL2)の制限になりますが、PL1の制限は125Wで標準になります。

Core i9とCore i7のわずかな違いは小さなオーバークロックで克服できるため、Rocket Lake CPUがどのようにオーバークロックするかを見るのは興味深いでしょう。価格については、Core i7もCore i9製品よりも安価ですが、Intelが8コアのRocket Lake-SデスクトップCPUの価格をどのように設定するかはまだわかりません。

Intel 11th Gen Rocket Lake Desktop CPU Lineup Specs(暫定)

CPU NameCores / ThreadsBase ClockBoost Clock (1-Core)Boost Clock (All-Core)CacheGraphicsTDP (PL1)
Core i9-11900K8/163.50 GHz5.30 GHz4.80 GHz16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)125W
Core i9-119008/161.80 GHz4.40 GHz3.80 GHz16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)65W
Core i9-11900T8/16TBCTBCTBC16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)35W
Core i7-11700K8/16TBC5.00 GHz4.60 GHz16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)125W
Core i7-117008/162.50 GHz4.90 GHzTBC16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)65W
Core i7-11700T8/16TBCTBC16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)35W
Core i5-11600K6/12TBC4.90 GHz4.60 GHz12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)125W
Core i5-116006/12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)65W
Core i5-11600T6/12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)35W
Core i5-115006/12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)65W
Core i5-11500T6/12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)35W
Core i5-114006/122.60 GHz4.400 GHz4.20 GHz12 MBIntel Xe 24 EU (192 Cores)65W
Core i5-11400T6/12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 24 EU (192 Cores)35W

Intel Corei9-11900KおよびCorei7-11700K RocketLakeデスクトップCPUベンチマーク

ベンチマークに関して言えば、Intel Core i9-11900Kは、5.3 GHzのオーバークロックにより、明らかにシングルコアテストでリードする予定です。チップは、シングルコアで1892ポイント、マルチコアテストで10934ポイントを獲得しました。Core i7-11700Kは、シングルコアで1551ポイント、マルチコアテストで8849ポイントを獲得しました。どちらのチップも以前のCometLakeよりも高速ですが、Core i9-11900Kは、AMD Ryzen 7 5800X(デフォルト)を実行しているにもかかわらず、シングルコアで13%のリード、マルチコアのパフォーマンスで5%のリードでした。

Intel Rocket Lake CPUは、1月11日に発売される500シリーズボードの数か月後に出荷されます。CPUはCES2021で発表される予定ですが、ハードローンチは3月から4月まで予定されていません。