IntelがCorei9-11900kの「Rocket Lake」フラッグシップCPUをCES2021でプレビュー、19%のIPC向上に加え、50%のiGPUパフォーマンスとPCIe 4.0のサポート!

(Source:wccftech)

IntelはCES2021で初めてRocket Lakeアーキテクチャをプレビューしました。Rocket Lake CPUは、5年以上ぶりの大規模なアーキテクチャのオーバーホールであり、Intelがすぐに市場に投入できるように10nmから細心の注意を払ってバックポートされたアーキテクチャです。できるだけ。それだけでなく、これまでのところひどく欠けていたものであるIntelメインストリームプラットフォームにPCIe4.0サポートを最終的にもたらします。

CES 2021でIntelの主流のデスクトップCPU Rocket LakeベースのCore i9-11900kフラッグシップでほぼ5年ぶりに大規模なアーキテクチャのオーバーホールを達成

IntelのRocket Lakeプロセッサは、8コア/16スレッドを備え、Xeアーキテクチャに基づいて50%多くの統合グラフィックスパワーを備えています。RKL-Sは14nmプロセスに基づいていますが、古い世代とは異なり、CypressCoveと呼ばれるSunnyCove(Ice Lake)アーキテクチャに基づいてアーキテクチャが刷新されています。これは基本的に10nm(非SuperFin)から14nmのバックポートです。PCIe4.0のサポートとXe12世代のグラフィックスも追加されました。Rocket Lake Sは14nmプロセスに基づいているため、最大5.3 GHzまでブーストでき、新しいアーキテクチャが実現できる両方の世界の状況の長所を可能にします。非常に成熟したノードのために実行されています。オールコアターボは4.8GHzになります。これは、8コアCPUとしてはかなり高い値です。

Rocket Lake Sは、20個のCPUベースのPCIe 4.0レーン(前世代より4つ多い)を備え、PCIe 4.0標準をサポートする最初のメインストリームのIntelアーキテクチャであり、現在同社のラインナップには欠けています。これは、AI関連のワークフローを大幅に高速化する新しいディープラーニングブーストとVNNIサポートを備えています。また、超高速USB速度のための新しいUSB 3.2 Gen 2×2標準を備えており、Intelの第12世代XeグラフィックスiGPUを備えています。Xe Graphicsは、4:4:4 HEVCやVP9などのハイエンドビデオデコーダーのサポートを導入し、最大3x4k60のディスプレイ解像度を可能にします。統合メモリコントローラーは、オーバークロックなしで最大DDR4-3200の速度をネイティブにサポートするようになりました。RKLは非常に長い間、最初の主要な新しいアーキテクチャになるため、これは愛好家にとって素晴らしいニュースです。さらに驚くべきことは、Intelが10nmWillowCoveからのIPCゲインの大部分(25%以上)を維持し、新しい14nmアーキテクチャが19%のIPCゲインでクロックインしたことです。同じノードにとどまりながら2桁のIPCを改善することは、正気ではありえません。5.3 GHzのブーストクロックと主要な新しいアーキテクチャを組み合わせることで、Intelのお客様のパフォーマンスを非常に長い間(同様のTDPを犠牲にして)アップグレードするための最良の組み合わせが提供されるはずです。