.

AMD Ryzen 5 5600H Cezanne-H Zen 3 とIntel Core i5-11300H Tiger Lake-H CPUのベンチマークがリークし、Intelがシングルコアでリード、AMDがマルチコアでリード

CES 2020で、Intelはコードネーム「TigerLake」の今後のモバイルPCプロセッサをプレビューしました。Intelの10nm +プロセスに基づいて構築され、新しいIntel Xeグラフィックスアーキテクチャと統合されたTigerLakeの新機能は、第10世代IntelCoreプロセッサを超える大幅な向上をもたらすことが期待されています。最初のシステムは今年出荷される予定です。(クレジット:Tim Herman / Intel Corporation)

IntelのTiger Lake-H Core i5-11300HとAMDのCezanne-H Ryzen 5 5600HモビリティCPUがGeekbenchデータベース内にリークしました。今後の一番売れ筋のノートブックCPUの2つの結果は、AMDおよびIntel CPUの強みがシングルスレッドおよびマルチコアベンチマークのどこにあるかを示しています。

AMDのCezanne-H Ryzen 5 5600Hがマルチコアでリードし、IntelのTiger Lake-H Corei5-11300Hがシングルコアベンチマークでリード

テストされた両方のCPUは、ノートブックのまったく新しいコアアーキテクチャをもたらします。AMDのCezanne-Hラインナップは真新しいZen3コアをフィーチャーし、IntelのTigerLake-HファミリーはWillowCoveコアをフィーチャーします。これは、ノートブックセグメントのそれぞれのコアの最初の高性能な情報になります。ベンチマークはTUM_APISAKによって発見されました。最上位のCPUのベンチマークを見てきましたが、メインストリームのセグメントが提供するものを見てみましょう。

Intel Tiger Lake-H vs AMD Ryzen H-Series High-Performance CPU Comparisons

CPU Family NameIntel Tiger Lake-HAMD Renoir H-SeriesAMD Cezanne-H Series
Family BrandingIntel 11th Gen Core (H-series)AMD Ryzen 4000 (H-Series)AMD Ryzen 5000 (H-Series)
Process Node10nm7nm7nm+
CPU Core ArchitectureWillow CoveZen 2Zen 3
CPU Cores/Threads (Max)8/168/168/16
L2 Cache (Max)10 MB4 MB4 MB
L3 Cache (Max)24 MB8 MB16 MB
Max CPU ClocksTBD4.3 GHz (Ryzen 9 4900HS)TBD
GPU Core ArchitectureXe Graphics EngineVega Enhanced 7nmVega Enhanced 7nm
Max GPU Cores96 EUs (768 cores)8 CUs (512 cores)8 CUs (512 cores)
Max GPU ClocksTBD1750 MHzTBD
TDP (cTDP Down/Up)35W (65W cTDP)35W (45W cTDP)35W (45W cTDP)
LaunchQ1 2021Q2 2020Q1 2021

AMD Ryzen 5 5600H 6コアおよび12スレッドCezanne-H Zen 3 CPUの仕様

AMD Ryzen 5 5600Hは、Zen3アーキテクチャに基づく6コアおよび12スレッドCPUです。3.30GHzのベースクロックと4.25GHzのブーストクロックを備えています。詳細ビューは、すべてのコアが約4.20〜4.25 GHzのブーストクロックで実行されています。16MBのL3キャッシュと3MBのL2キャッシュを搭載しています。グラフィックスについては、AMDは今のところ信頼できるVega GPUに依存し、Ryzen 5 4600Hよりも高いクロックを備えていますが、同じCUカウントは6で、384個のストリームプロセッサを提供します。TDPは35Wで、最大45Wまで構成可能です。

AMD’s mobility processors have experienced an incredible surge in demand with Renoir.

AMD Ryzen 5000 APU Lineup (Preliminary Specs)

APU NameAPU FamilyArchitectureProcessCores / ThreadsBase ClockBoost ClockL3 CacheGraphicsGPU ClockTDP
AMD Ryzen 7 5800HCezanne HZen 37nm8/163.20 GHzTBD16 MB8 CUs (512 SP)~2000 MHz35-45W
AMD Ryzen 7 5800UCezanne UZen 37nm8/162.00 GHz4.40 GHz16 MB8 CUs (512 SP)2000 MHz10-25W
AMD Ryzen 7 5700ULucienne UZen 27nm8/161.80 GHz4.30 GHz8 MB8 CUs (512 SP)1900 MHz10-25W
AMD Ryzen 5 5600UCezanne UZen 37nm6/122.30 GHz4.20 GHz12 MB7 CUs (448 SP)1800 MHz10-25W
AMD Ryzen 5 5500ULucienne UZen 27nm6/122.10 GHz4.00 GHz8 MB7 CUs (448 SP)1800 MHz10-25W
AMD Ryzen 3 5400UCezanne UZen 37nm4/82.60 GHz4.00 GHz8 MB6 CUs (384 SP)1600 MHz10-25W
AMD Ryzen AMD Ryzen 3 5300ULucienne UZen 27nm4/82.60 GHz3.85 GHz4 MB6 CU (384 SP)1500 MHz10-25W

Intel Core i5-11300H4コアおよび8スレッドTigerLake-H Willow Cove CPUの仕様

Intel Core i5-11300Hは、6コア/12スレッドを提供するCore i5-11600Hのすぐ下の予算重視のCPUです。Core i5-11300Hは、4コア/8スレッドに加えて、8MBのL3キャッシュと5MBのL2キャッシュを搭載しています。クロック速度は、3.10GHzベースおよび4.40GHzブーストで評価されています。すべてのコアが約4.40GHzでブースト可能なようです。Intelのグラフィックス側はXe GPUコアの形でメジャーアップデートを特徴としていますが、チップは高性能セグメントを対象としているため、実際の実行ユニットはTiger Lake-Uシリーズよりも低くなり、それを特徴とするノートブックは主にディスクリートGPUソリューションに依存しています。TDPに関しては、チップには35W TDPで最大45Wまで可能です。

Intel Core i7-11370Hもテストされ、そのチップは4コア/8スレッドであり、それぞれ3.3GHzと4.8GHzの定格のはるかに高いベースクロックとブーストクロックを備えます。その他の仕様は、Core i5-11300Hと同じであると予想されます。

CPU NameCPU ArchitectureCores/ThreadsBase ClockBoost ClockCacheGPU (Xe) CoresGPU (Xe) ClockTDP
Intel Core i7-1185G710nm Tiger Lake SuperFin4/83.0 GHz4.8 GHz12 MB96 EUs (768 Cores)1350 MHz15W (cTDP 28W UP)
Intel Core i7-1165G710nm Tiger Lake SuperFin4/82.8 GHz4.7 GHz12 MB96 EUs (768 Cores)1300 MHz15W (cTDP 28W UP)
Intel Core i5-1135G710nm Tiger Lake SuperFin4/82.4 GHz4.2 GHz8 MB80 EUs (640 Cores)1300 MHz15W (cTDP 28W UP)
Intel Core i3-1125G410nm Tiger Lake SuperFin4/82.0 GHz3.7 GHz8 MB96 EUs (768 Cores)1250 MHz15W (cTDP 28W UP)
Intel Core i3-1115G410nm Tiger Lake SuperFin2/43.0 GHz4.1 GHz6 MB48 EUs (384 Cores)1250 MHz15W (cTDP 28W UP)
Intel Core i7-1160G710nm Tiger Lake SuperFin4/81,2 GHz4.4 GHz12 MB96 EUs (768 Cores)1100 MHz7W (cTDP 15W UP)
Intel Core i5-1130G710nm Tiger Lake SuperFin4/81.1 GHz4.0 GHz8 MB80 EUs (640 Cores)1100 MHz7W (cTDP 15W UP)
Intel Core i3-1120G410nm Tiger Lake SuperFin4/81.1 GHz3.5 GHz8 MB48 EUs (384 Cores)1100 MHz7W (cTDP 15W UP)
Intel Core i3-1110G410nm Tiger Lake SuperFin2/41.8 GHz3.9 GHz6 MB48 EUs (384 Cores)1100 MHz7W (cTDP 15W UP)

Intel Tiger Lake-H vs AMD Cezanne-H CPUベンチマーク

パフォーマンスに関しては、AMD Ryzen 5 5600Hはシングルコアで1372ポイント、マルチコアテストで5713ポイントでした。一方、Intel Core i7-11370Hは、シングルコアテストで1572ポイント、マルチコアテストで4101ポイントでした。Intel Core i7-11370Hは、Zen 3ベースのチップよりも14.5%速くなり、シングルスレッドベンチマークでは7%のクロック速度のアドバンテージがあります。Ryzen 5 5600Hは、マルチコアテストで大きな勝利を収め、39%のジャンプを記録しました。Core i5-11300Hも、シングルコアテストでは6.6%速くなりますが、マルチコアテストではRyzen 5 5600Hと比較して42%低下します。

これは、Zen 3コアの優れたSMT機能と、TigerLake-Hパーツよりも多くのコアとスレッドを備えているという事実によるものです。6コア/12スレッドのCore i5-11600Hはこのリードを減らすことができる可能性がありますが、Tiger Lake-Hを42%向上するのは大きすぎるます。Intelでは印象的です。

これらのCPUを前モデルと比較すると、Ryzen 5 5600Hは、Ryzen 5 4600Hと比較して、シングルコアテストで38%、マルチコアテストで18%高速です。Core i5-11300Hについては、Core i5-10300Hと比較して、シングルコアテストで37%、マルチコアテストで18%高速です。両方のCPUは、前任者よりも全体的なCPUパフォーマンスが大幅に向上していることを示しています。これは非常に印象的であり、両社が市場での良好な競争で何を提供できるかを示しています。IntelのTigerLake-HとAMDのCezanne-HノートブックCPUがCES2021で発表されることに期待してください。