Intel Core i9-11900 8コアRocket Lake Desktop CPUベンチマークが再リークされ、シングルスレッドワークロードをリード

(Source:wccftech)

Intel RocketLakeの第11世代CPUファミリーの1つCore i9-11900サンプル品は、いくつかのリーカーが手にしたため、中国のハイテクメディアで話題になっているようです。CPUの最新のベンチマークは、Bilibili(Videocardz経由)によってリークされ、現在のIntelラインナップに対するシングルスレッドをリードしています。

Intel Core i9-11900 8コアRocket LakeデスクトップCPUベンチマークが再びリーク、Comet Lake以上にシングルスレッドリード

Intel Core i9-11900は、第11世代のラインナップに登場する多くのRocket LakeデスクトップCPUの1つです。私たちは実際にあなたがここで読むことができるすべてのモデルに関する投稿をしました。このCPUに関しては、Core i9-11900はCore i9-11900Kより低いTDP製品です。8コア/16スレッドを備え、1.8 GHzベース、4.4 GHzブースト(1コア)、および3.8 GHz(オールコアブースト)の定格クロックを備えています。

Core i9-11900KとCore i9-11900の主な違いは、TDPの差によるクロック速度です。Intel Core i9-11900Kは完全な125W(PL1)TDPで、IntelのCore i9-11900はより合理的な65W(PL1)TDPです。Core i9-11900は、最大周波数にブーストすると約225Wになりますが、Core i9-11900Kは最大250Wの最大TDP値になります。

Intel 11th Gen Rocket Lake Desktop CPU Lineup Specs(暫定)

CPU NameCores / ThreadsBase ClockBoost Clock (1-Core)Boost Clock (All-Core)CacheGraphicsTDP (PL1)
Core i9-11900K8/163.50 GHz5.30 GHz4.80 GHz16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)125W
Core i9-119008/161.80 GHz4.40 GHz3.80 GHz16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)65W
Core i9-11900T8/16TBCTBCTBC16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)35W
Core i7-11700K8/16TBC5.00 GHz4.60 GHz16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)125W
Core i7-117008/162.50 GHz4.90 GHzTBC16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)65W
Core i7-11700T8/16TBCTBC16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)35W
Core i5-11600K6/12TBC4.90 GHz4.60 GHz12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)125W
Core i5-116006/12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)65W
Core i5-11600T6/12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)35W
Core i5-115006/12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)65W
Core i5-11500T6/12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)35W
Core i5-114006/122.60 GHz4.400 GHz4.20 GHz12 MBIntel Xe 24 EU (192 Cores)65W
Core i5-11400T6/12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 24 EU (192 Cores)35W

CPUは、リリースされていないB560チップセットマザーボードでテストされました。これは、Z590マザーボードが利用可能になるのとほぼ同時に利用可能になります。数日前に報告されたように、Intel 500シリーズチップセットマザーボードは、第11世代のラインナップが消費者に提供される2か月前の、1月11日に小売店で展開を開始します。

Intel Core i9-11900 CPU Leaked Benchmarks in Cinebench R20
Intel Core i9-11900 CPU Leaked Benchmarks in Cinebench R15

ベンチマークに関して言えば、Intel Core i9-11900はCinebenchR20で4672/529ポイント、CinebenchR15ベンチマークで1912/217ポイントを獲得しています。これにより、Rocket Lake CPUはその前身であるCore i7-10700よりも簡単にリードできます。同時に、Core i9-11900はマルチスレッドベンチマークに大きく欠けているようです。これは主に、Core i7-10700と比較してこのチップ機能のオールコアブーストがはるかに低いためです。比較のために、Core i7-10700は1コアで最大4.80GHz、すべてのコアで4.60 GHzをブーストしますが、Core i9-11900は単一で4.40GHzのブースト、すべてのコアで3.80GHzのブーストになります。

CPU-zベンチマークでは、CPUはシングルコアで590.3ポイント、マルチスレッドベンチマークで5121.7ポイントを獲得しました。これは、以前に見た以前のスコアと比較してパフォーマンスが低下しており、送信されるサンプル間でパフォーマンスが一貫していないことを示しています。

消費電力の数値も共有されており、Intel Core i9-11900は65WPL1と224WPL2の定格を備えているようです。AIDA64 FPUテストを使用した全負荷時のチップの定格消費電力は123Wであり、AVX512ユニットにストレスをかけるとさらに161Wになります。当然のことながら、AVX512ユニットを実行すると、CPUの温度がはるかに高くなります。通常時は約74℃で推移し、AVX-512では94℃まで上昇します。

第11世代Rocket LakeデスクトップCPUについて

IntelのRocket Lake-SデスクトップCPUプラットフォームは、LGA 1200ソケットのサポートを特徴としています。400シリーズのマザーボードの一部では利用可能になるようですが、Intel Rocket Lake-Sプロセッサは500シリーズマザーボードと同時に発売されハイエンドSKUは500シリーズの利用を推奨されるようです。特にPCIe Gen 4.0がZ490の卓越した機能であることを考えると、LGA 1200マザーボードがRocket Lake-S CPUをサポートすることが確認されています。 Rocket Lake-SデスクトップCPUを使用した場合にのみ有効になるマザーボードです。

IntelのRocket LakeデスクトップCPUの主な機能

  • 新しいプロセッサコアアーキテクチャによるパフォーマンスの向上
  • 新しいXeグラフィックアーキテクチャ
  • DDR4速度の向上
  • CPU PCIe 4.0レーン
  • 拡張ディスプレイ(統合HDMI 2.0、HBR3)
  • x4 CPU PCIeレーンを追加=合計20個のCPU PCIe 4.0レーン
  • 拡張メディア(12ビットAV1 / HVEC、E2E圧縮)
  • CPU接続ストレージまたはIntel Optaneメモリ
  • 新しいオーバークロック機能と機能
  • USBオーディオオフロード
  • 統合されたCNViとWireless-AX
  • 統合USB 3.2 Gen 2×2(20G)
  • 2.5GbイーサネットディスクリートLAN
  • DIscrete Intel Thunderbolt 4(USB4準拠)

Rocket Lake CPUのアーキテクチャは、Sunny Cove設計とWillow Cove設計のハイブリッドであると言われていますが、Xe Gen 12 GPUアーキテクチャが特徴です。また、Thunderbolt 4.0をサポートするZ590マザーボードシリーズは今年後半に発表される予定であり、Intelが第11世代のTiger Lakeモビリティファミリーをリリースしたら、Rocket LakeのCPUに関する詳細情報が続々出てくるでしょう。