AMDはNavi23やNavi24に基づくRadeonRX6000MモビリティGPUをゲーミングPC用にサブ100WTGPを備えたRDNA2を準備

(Source:wccftech)

AMDはいくつかのRDNA2ベースのRadeon RX6000MモビリティGPUを内部でテストしているようで、ノートPCセグメント用のNavi23およびNavi24ディスクリートチップに関する初期の情報が漏洩しています。Twitterのインサイダーとリーカーの報告は、パトリック・シューア、AMDはGPUのNavi23およびNavi24に基づいていくつかのモビリティのSKUに取り組んでいます。

AMD Navi23およびNavi24に基づく、サブ100WTGPを備えたAMDRadeon RX6000MモビリティGPUの詳細

Patrickによると、AMDはRadeon RX6000Mファミリの作業にいくつかのSKUを持っています。AMDは当初、Navi23およびNavi24 GPU設計に基づいたメインストリームおよびエントリーレベルの製品を導入するようです。Navi23およびNavi24 GPUは、これまでデスクトップ向けリリースを確認していません。今後のRX6700シリーズはNavi22 GPUを利用するため、命名規則に基づいてRadeon RX 6600、6500、および6400シリーズのカードを検討しています。

AMDはRX6000Mファミリ用に少なくとも3つのNavi23モビリティGPUを計画していると詳細に説明されています。ラインナップには、90W、80W、65WのSKUが含まれ、これらの電力値は、TGP(Total Graphics Power)に基づいています。TBPはわずかに高くなる可能性がありますが、これらはモビリティデザインであり、デスクトップ製品と同じボードデザインを備えていないため、100Wよりもはるかに高くなるとは思われません。

Radeon RX 5700MシリーズモビリティGPUと同様のパフォーマンスを、より高い効率で実現できる可能性が最も高いです。AMDが8GBを搭載するのか、それともNavi 23GPUでより高いメモリ構成を採用するのかを確認するのは興味深いことです。AMDのNavi22 Radeon RX 6700 GPUは、前モデルより4GB多い最大12GBのVRAMを搭載する予定です。8 GBのメモリは、RX5600Mよりも2GB増加します。モビリティ部品の周波数は2GHz前後も期待できます。

AMDはまた、Navi 24GPUの少なくとも2つの製品をテストしています。Navi 24 XM GPUには、35W、42.5W、および最大50Wの範囲のcTGP(構成可能な合計グラフィックスパワー)が搭載されます。ノートPCメーカーは、独自の設計にどのTGPを選択するかを決定します。冷却ソリューションが改善されたプレミアムモデルでは、50Wのバリエーションを利用する必要があります。2番目のディスクリートチップはNavi24 XML SKUに基づいており、単一の25W TGP製品を備えています。これらのRadeon RX6000M GPUは、Navi 14(RDNA 1)GPUをベースとし、それぞれ4GBと3GBのGDDR6メモリを搭載したRadeon RX5500MとRX5300Mの後継となる可能性があります。ここでは、8GB GDDR6メモリ構成を備えたNavi24 XM GPUを見ることができますが、Navi 24 XMLGPUは最終的に6GBGDDR6メモリになる可能性があります。

AMDは、ノートPCセグメントで主流のGeForce RTX30モビリティGPUと直接競合することが期待できます。これらのモデルは、2021年前半に発売されるLucienneおよびCezanneベースのRyzen 5000ゲーミングノートブックに完全に統合されます。さらに興味深いのは、AMDがこれらのGPUに少量でありながら有用な量のInfinityCacheを展開するかどうかです。

フラッグシップデザインは最大128MBのInfinityキャッシュを備えており、より小さな32MBのInfinityキャッシュを主流のチップに採用することができます。ノートブックのSAM機能に関しては、AMDによって有効にされた場合、それはもう1つの重要な機能になります。AMDのRadeon RX6000Mは、Ryzen 5000U / Ryzen5000HモビリティラインナップとともにCES2021で発表される予定です。