.

Intel Z490マザーボードでAMDスマートアクセスメモリを有効にし、Radeon RX 6800XTでパフォーマンスの向上

(Source:wccftech)

いくつかのマザーボードメーカーは、Intelベースの400シリーズマザーボードにRadeon RX 6800XTおよびRX6800グラフィックスカードでのAMDのスマートアクセスメモリ技術のサポートの追加を開始しました。ASUSとMSIは、ASRockとGigabyteが独自のサポートの提供に迅速に取り組んでいるSAMのサポートを最初に許可しました。日本の媒体であるASCIIは、この機能がIntelプラットフォームでどれだけうまく機能するかについての最初のベンチマークを投稿し、顕著なパフォーマンスの向上を確認する事ができました。

Radeon RX 6800XTを搭載したIntel400シリーズ(Z490)マザーボードでテストおよびベンチマークされたAMDスマートアクセスメモリは、パフォーマンスが最大16%向上

BAR(ベースアドレスレジスタ)のファンシーな名前であるAMDのスマートアクセスメモリテクノロジは、PCIe Gen 3でもサポートされるため、ユーザーがPCIe Gen4プラットフォームに投資する必要はありません。これまでの知識に基づいて、BARは基本的に、マッピングできるディスクリートGPUメモリスペースの量を定義し、今日のPCは通常256MBのマッピングメモリに制限されています。AMDは、SAM(Smart Access Memory)を使用すると、すべてのGPUメモリにアクセスできるため、ボトルネックが解消され、パフォーマンスが向上するということです。

AMDは、SAM(Smart Access Memory)がRyzen 5000CPUとそれぞれの500シリーズチップセットベースのマザーボードでサポートされると公式に述べただけです。ただし、ボードメーカーは、AMDの400シリーズマザーボードのサポートを有効にするだけでなく、ここでテストしたZ490などのIntelの400シリーズマザーボードにもサポートを追加しています。

テストに使用されたプラットフォームには、AMD SAM(スマートアクセスメモリ)のサポートを追加する最新の1002BIOSを実行していたASUSROG Maximus XIIExtremeマザーボードが含まれていました。Intel Core i9-10900K CPUをRadeonRX 6800 XTグラフィックスカードと一緒に使用して、機能を有効にできるかどうか、および機能を有効にしたIntelプラットフォームでパフォーマンスの向上を確認できるかどうかを確認しました。この機能を有効にするには、BIOSにて設定する必要があります。PCを起動し、デバイスマネージャでグラフィックカードを開くと、GPUの範囲アドレスが「0000004000000000〜00000043FFFFFFFF」で示されているように、「大メモリ範囲」で表示されていることがわかります。

Intel Z490およびRadeon RX 6800XTを使用したAMDスマートアクセスメモリパフォーマンスベンチマーク

パフォーマンスベンチマークについては、Assassins Creed: Valhalla, Forza Horizon 4, Red Dead Redemption 2, and Rainbow Six Siegeを含む合計4つのタイトルがテストされました。まず、高品質のプリセットで1080pの解像度でテストされたAssassins Creed: Valhallaがあります。GPUでは、平均で14%のゲイン、最小(1%)のFPS数で13%のゲインが見られます。これは、Intelプラットフォームの機能の素晴らしい進化です。

次に、1440pと1080pの両方の解像度でテストされたForza Horizo​​n4があります。ここで1080pの場合、GPUの平均FPS数は平均19%、最小FPS数は20%増加します。1440pでは、RX 6800 XTのゲインは平均16%、最小17%に低下します。これは、低解像度でのCPUのボトルネックを示しています。解像度を上げると、CPUのボトルネックが減少し、GPUがパフォーマンスの主要な決定要因になります。4KではForza Horizo​​n4の4KでGPUパフォーマンスが2桁向上するはずです。

AMDのスマートアクセスメモリは、CPUオーバーヘッドを取り除き、より高性能を提供することで、まさにそれを実現することを目的としています。次は、ロックスターがこれまでにリリースした中で最も要求の厳しいタイトルの1つであるRed Dead Redemption2です。タイトルは1080pの解像度で最高のプリセットでテストされ、ASCIIでは平均8%のゲインが見られましたが、最小の結果は2.8倍に大幅に向上しました。ASCIIは、タイトルを3回テストし、テストを実行するたびに同じ改善が見られたと報告しています。

最後に、最高品質のプリセットの1080pでテストされたRainbow SixSiegeがあります。Intelプラットフォームでは、平均で1%の増加が見られましたが、SAMをオフにした場合と比較して、最小FPSが12%と大幅に改善されました。すべてのゲームで2桁の増加が見込めるわけではありませんが、最小FPS値が上がり、CPUオーバーヘッドが減少し、FPSパフォーマンスが向上するため、インテルユーザーはSAMの結果としてよりスムーズなゲームプレイを見ることができます。

すべてのゲームで2桁の増加が見込めるわけではありませんが、最小FPS値が上がり、CPUオーバーヘッドが減少し、FPSパフォーマンスが向上するため、インテルユーザーはSAMの結果としてよりスムーズなゲームプレイを見ることができます。この無料のパフォーマンスの向上は、テストするゲームやアプリケーション全体で変動しますが、10%のジャンプが非常に重要であることを考えると、間違いなく大きな問題です。NVIDIAは、AMDおよびNVIDIAプラットフォーム全体でサポートされる独自のBAR(スマートアクセスメモリ)テクノロジにも取り組んでいます。NVIDIAは、ソフトウェアアップデートを通じて後でリリースする予定です。

AMD Smart Access Memory Performance on Intel Z490 & RX 6800 XT(参照ASCII.JP)

GameMinimum SAM offMinimum SAM onDifferenceMaximum SAM offMaximum SAM onDifferenceAverage SAM onAverage SAM offDifference
Assassin's Creed Valhalla (High) 1080p86971.132262281.011371201.14
Forza Horizon 4 (Ultra) 1080p2092521.213163671.162212201
Forza Horizon 4 (Ultra) 1440p1822121.162612951.132432101.16
Red Dead Redemption 2 (Highest) 1080p34952.821571611.021291201.08
Rainbox Six Siege (Highest) 1080p2793121.126116201.014434411

ASRockはZ490マザーボードでAMD Smart Access Memory機能も有効にし、Z490マザーボード内でCAM(Clever Access Memory)と呼んでいます。Core i7-10700KとRadeon RX6800XTをZ490 Taichiマザーボードで実行すると、最大12%のゲインが見られました。

ボードは、以下に示すように、より高いパフォーマンスを可能にする機能のサポートを可能にする最新のBIOSを実行していました。

MSIは、Intel Z490、H470、およびB460マザーボードに搭載される独自のスマートアクセスメモリサポートを確認しています。一方、MSIはプレスリリースで、自社の400シリーズマザーボードでAMDスマートアクセスメモリのサポートを有効にするためのBIOSアップデートを提供すると発表しました。当初の計画では、12月の初めにZ490マザーボードをサポートする予定であるため、BIOSアップデートは数日以内に公開される予定です。これに続いて、B460およびH410マザーボードの部分的なサポートが行われ、最後に、B460およびH410マザーボードの完全なリストが月末までにサポートされることが期待できます。

MSIは、Radeon RX 6800グラフィックスカードを実行しているときに、デバイスハードウェアパネル内で「大メモリ範囲」を可能にするZ490 GODLIKEマザーボードの実行例を紹介しました。

残念ながら、MSIは未発表のIntel Rocket Lake CPU、おそらくCore i9-11900Kもリストアップしているため、プレスリリースを削除する必要があります。CPUは、3.40GHzのベースクロックと4.3GHzのブーストクロックで動作していることが示されましたが、これは間違いなく最終的なクロック速度ではないでしょう。8コア/16スレッド、16 MBのL3キャッシュ、125WのTDPなどの他の仕様も発見されています。