Intel Ponte Vecchio GPUはTSMCの6nmプロセスで、CPUはTSMC 3nmで製造へ

(Source:wccftech)

DigiTimesからの巨大なレポートがリークし、IntelのPonte Vecchio GPUがTSMCの低コスト6nmプロセスであるとのことです。リークはもともとペイウォールのDigiTimes記事から発生し、それ以来、過去数時間にチャイナタイムズによっても裏付けられています。IntelがTSMCに主要製品をシフトすることの影響は非常に大きく、レポートは、Intelが純粋に機能する工場への依頼交渉も開催されていることを示しています。

IntelのPonte Vecchio GPUはTSMC 6nmプロセスで製造される。事前に180,000注文を予約

Intelの10 nmプロセスは、実際にはTSMCの7 nmプロセス(MTr / mm2)よりも優れており、TSMCの6 nmプロセスにほぼ匹敵します。これは、TSMCの6nmプロセス(7nmの最適化された低コストバージョン)で製造された製品の密度が、10nm Intel部品とほぼ同じであることを意味します。Intelの7nmはさらに高いMTr / mm2を持っているはずであり、AuroraスーパーコンピューターなどのPonte Vecchioに依存するプロジェクトのフットプリントに影響を与える可能性があるため、これはある意味で問題があります。驚くべきことに、これはIntelがTSMCに生産工場を移行する予定であると主張していますが、このCPUはまだ確認されていないことも同時にお知らせしておきます。異なる会社が所有し、Intelの正確なコピープロセスに従わない2つの異なる工場間の整合性を確保することはほとんど不可能です。これはおそらく、Intelが一貫性を確保するためにラインナップ全体をTSMCにシフトすることを意味していると考えられます。台湾の出版物によると、これらは5nmまたは3nmプロセスであると予想されています。

これらの調査結果は、Chinatimesによってさらに裏付けられました。中国の出版物は、TSMCの6nmプロセスがIntelから180,000ウェーハ相当の注文を受け取ったことを確認していて、これは、MTr / mm2がIntelの10nmプロセスとほぼ同じノードでPonte Vecchioを製造するために使用される可能性があります。さらに、AMDとIntelは来年TSMCの注目を集めるためにウェーハ容量を争うことになると述べています。

IntelはTSMCと合意に達し、TSMCの6ナノメートル生産能力の180,000枚のウェーハを来年注文済み

これは、NVIDIAがGPUをSamsungの8nmプロセスに移行したことについて先に見た噂も説明します。IntelとAMDの両方がキャパシティーのためにそれを遅らせているので、おそらく他社にとって余地はありません。これはまた、IntelのTMGの将来への取り組みと、世界のフラグシップとしての生産拠点、TSMCの重要性の増大に興味深い影響を及ぼします。Ponte VecchioはIntelにとって非常に重要なマイルストーンであり、TSMCをタップして適切に製造する必要がある場合(低密度ノードでも同様)、TMGの有効性について疑問を投げかけます。Intelが業界に競争圧力をかけ続け、トランジスター密度を前進させる必要があり、うまくいけば、彼らはすぐに自社工場を整え自社製造へ戻す事も怠らないでしょう。