AMD Ryzen 4000「Vermeer」デスクトップCPU、Zen 3は間もなく大量生産へ

(Source:wccftech)

AMD Ryzen 4000 CPUは、最新のプロセッサの中で、今年最も期待されるローンチの1つです。Ryzen 4000デスクトップCPUは、IPCの増加と新しいアーキテクチャの変更をもたらすことが期待されるZen 3コアを特徴とし、2017年以降に導入されたRyzen CPUファミリの3番目に重要なローンチとなります。

AMD Ryzen 4000 ‘Vermeer’デスクトップCPUがまもなく大量生産に突入へ

Ryzenファミリで3番目の重要なリリースと言ったのは、元のZenコアの後に来たZen +は、わずかに拡張されたノードでの更新のほうが多かったためです。Zen +アーキテクチャは、Zen 1ベースのRyzen 1000 CPUに比べていくつかの主要な効率とクロックゲインを実現しましたが、これまでのところ、デスクトップファミリーには14nm Zen 1と7nm Zen 2の2つの主要な新製品があります。3回目のメジャーリリースは、デスクトッププラットフォーム向けに「Vermeer」というコードネームが付けられた、7nm +ベースのZen 3搭載Ryzen 4000 CPUの形で行われます。一連のリークで、IgorのラボはRyzen 4000デスクトップCPUがすでにB0ステッピングにあり、間もなく大量生産に向かうことを確認しました。すでに第3四半期にいるため、この四半期の半ば頃の大量生産は、第4四半期のハードローンチを示唆しています。情報筋によると、B0ステッピングは最終製品版に近いので、AMDのRyzen 4000 ‘Vermeer’デスクトップCPUで量産が開始されるまでに時間がかからないと考えて間違いありません。AMDがホリデーシーズンの第4四半期であるハードローンチに十分な量のCPUを生産できるかどうかは、時期がくれば判明します。AMDの初期のRyzen 4000デスクトップCPUはハイエンドセグメントを最初に狙い、2021年初頭の大容量市場向けのメインおよびエントリーレベルのチップに続いているという噂があります。2019年に、AMDはRyzen 7およびRyzen 9 CPUで構成されるハイエンドのRyzen 3000供給で問題に直面する必要がありましたが、これはTSMCの7nmの容量全体を提供してもらえなかったという事実が主な原因でした。今回も同様の不安要素があります。

AMD CPU Roadmap (2018-2020)

Ryzen FamilyRyzen 1000 SeriesRyzen 2000 SeriesRyzen 3000 SeriesRyzen 4000 SeriesRyzen 5000 Series
ArchitectureZen (1)Zen (1) / Zen+Zen (2) / Zen+Zen (3) / Zen 2Zen (4) / Zen 3
Process Node14nm14nm / 12nm7nm7nm+/5nm?5nm
High End Server (SP3)EPYC 'Naples'EPYC 'Naples'EPYC 'Rome'EPYC 'Milan'EPYC 'Genoa'
Max Server Cores / Threads32/6432/6464/128TBDTBD
High End Desktop (TR4)Ryzen Threadripper 1000 SeriesRyzen Threadripper 2000 SeriesRyzen Threadripper 3000 Series (Castle Peak)Ryzen Threadripper 4000 Series (Genesis Peak)Ryzen Threadripper 5000 Series
Max HEDT Cores / Threads16/3232/6464/12864/128?TBD
Mainstream Desktop (AM4)Ryzen 1000 Series (Summit Ridge)Ryzen 2000 Series (Pinnacle Ridge)Ryzen 3000 Series (Matisse)Ryzen 4000 Series (Vermeer)Ryzen 5000 Series (Warhol)
Max Mainstream Cores / Threads8/168/1616/32TBDTBD
Budget APU (AM4)N/ARyzen 2000 Series (Raven Ridge)Ryzen 3000 Series (Picasso Zen+)Ryzen 4000 Series (Renoir Zen 2)Ryzen 5000 Series (Cezanne Zen 3)
Year2017201820192020/2021?2021/2022?

Zen 3ベースのRyzen 4000 ‘Vermeer’デスクトップCPUについて

AMD Zen 3アーキテクチャは、元のZen以来最高のCPU設計であると言われています。これはグループから完全に刷新されたチップであり、重要なIPCゲイン、高速クロック、および高効率を含む3つの主要機能に焦点を当てています。

AMDのZen 3がまったく新しいCPUアーキテクチャを実現していることを確認しています。これにより、IPCが大幅に向上し、クロックが高速になり、コア数がさらに増えます。一部の噂では、IPCが17%増加し、Zen 3の浮動小数点演算が50%増加し、さらに主要なキャッシュが再設計されているとさえされています。他の噂では、浮動小数点の全体的なパフォーマンスが50%向上したと指摘されています。また、EPYCプレゼンテーションでキャッシュデザインに大きな変更が加えられました。これは、Zen 3が、Zen 2と比較して各Zen 3コアがアクセスできるキャッシュを本質的に2倍にする統合キャッシュデザインを提供することを示しています。また、CPUは最大200〜300 MHzのクロックブーストを期待されており、これによりZen 3ベースのRyzenプロセッサが第9世代Intel Core製品に近づくはずです。これは、IPCの大幅な増加とアーキテクチャへの一般的な変更により、既存のRyzen 3000プロセッサよりもはるかに高速なパフォーマンスを実現します。これは、AMDはごく最近発表からRyzen 2000およびRyzen 1000プロセッサを大幅に飛躍させながら、革新的ではなく進化的な製品であるということです。

考慮すべき重要なことは、チップレットアーキテクチャの復活を目にすることができ、AMDは既存のAM4ソケットのサポートを維持することです。AM4ソケットは2020年まで続くため、AMDがAM5に移行する前に、Zen 3ベースのRyzen 4000 CPUがソケットを使用する最後のファミリとなり、DDR5やUSB 4.0などの将来のテクノロジーを中心に設計されます。AMDのX670チップセットも今年の終わりまでに到着すると示唆されており、拡張PCIe Gen 4.0サポートと、より多くのM.2、SATA、USB 3.2ポートの形でのI / Oの増加が考えられています。これは 300シリーズのサポートが除外されるとされていて、Ryzen 4000デスクトップのCPUが唯一の400&500シリーズチップセットによってサポートされることをAMDが公表しています。競争に関しては、AMD Ryzen 4000「Zen 3 Vermeer」のラインナップが、間もなくリリースされるIntelのComet Lake-Sおよびその近日リリース予定のRocket Lake-Sデスクトッププロセッサと競合します。最近のパフォーマンスリークから明らかなように、Ryzen 3000 CPUはラインナップ全体に対して競争力のある位置にあるため、Intel Comet Lake-Sへの取り組みはそれほど難しくありませんが、Rocket Lake-SはIntelの主要なアーキテクチャの向上であるようです(ただし、まだ14nmプロセスに基づく)これは、デスクトップの主流市場におけるIntelの長い苦戦が続くかもしれません。今のところ、AMDのZen 2ベースのRyzen 3000との競争上の優位性は、今年のIntelが持っているものに比べて大きすぎます。Zen3ベースのRyzen 4000プロセッサは、さらにその差を押し広げます。