Intel Tiger Lake Core i7-1165G7 4コアCPUはAMD Renoir Ryzen 7 4700U 8コアに比べて3DMark Time Spyグラフィックステストで最大35%リード

(Source:wccftech)

Intel Tiger Lake CPUのベンチマークがリークしました。10 nm クアッドコアCore i7-1165G7と同レベルのAMDの8コアRyzen 7 4700U ‘Renoir’ APUが比較されています。今回は、3DMark Time Spyの最新のベンチマークで、Rogameによってリークされ、同様のCPUパフォーマンスを示しているものの、グラフィックのパフォーマンスは優れているようです。

3DMark Time Spyスコア、AMD Ryzen 7 4700U ‘7nm Renoir’ 8コア25W APUとIntel Core i7-1165G7 ’10nm Tiger Lake’ 4コア28W CPU

Intel Core i7-1165G7は、Core i7-1185G7のすぐ下にある2番目に速いTiger Lake-Uチップです。プロセッサは4つのコア、2.8 GHzのベース周波数と4.7 GHzのブースト周波数でクロックされる8つのスレッドを備えています。CPUにはIntel Xeグラフィックエンジンが付属しており、Gen 11グラフィックチップに比べてパフォーマンスが最大2倍向上します。パフォーマンスに関して、CPUはRyzen 7 4700Uと比較されました。これは、2番目に速いAMD Renoir Ryzen 4000 CPUであり、Ryzen 7 4800Uのすぐ下にあります。両方のCPUは、28 W(タイガーレイク)および25 W(ルノワール)の最大TDP構成でテストされています。Core i7-1165G7はさらに、すべてではないにしてもほとんどすべてのTiger Lakeベースのラップトップの標準実装となるLPDDR4x 4266 MHzメモリを備えていました。

数値を見ると、Intel Core i7-1165G7は、Ryzen 7 4700Uの5302ポイントと同等のCPUベンチマークで5304ポイントを獲得しています。グラフィックスでは、Tiger Lakeチップが競合他社を圧倒し、ほぼ35%のリードを獲得しています。Ryzen 7 4800Uと比較すると、Intelチップはグラフィックステストを最大20%リードしていますが、Ryzen 7 4700Uのスレッドが2倍であるため、Renoirのフラッグシップは25Wで34%のリードを獲得しています。

リードRyzen 7 4800Uがより高速なCore i7-1185G7にどれだけ耐えられるかを見るのは興味深いことですが、IntelがAMDに取り組み、コア数を半分にしながら最大20〜30%のGPUサイドゲインを実現するのは印象的です。

Intel Tiger Lake vs AMD Renoir Mobility CPU Comparisons

CPU Family NameIntel Tiger Lake-UAMD Renoir U-Series
Family BrandingIntel 11th Gen Core (U-series)AMD Ryzen 4000 (U-Series)
Process Node10nm7nm
CPU Core ArchitectureWillow CoveZen 2
CPU Cores/Threads (Max)4/88/16
Max CPU ClocksTBD (Core i7-1185G7)4.2 GHz (Ryzen 7 4800U)
GPU Core ArchitectureXe Graphics EngineVega Enhanced 7nm
Max GPU Cores96 EUs (768 cores)8 CUs (512 cores)
Max GPU ClocksTBD1750 MHz
TDP (cTDP Down/Up)15W (12W-28W)15W (10W-25W)
LaunchMid 20202020-03-01 00:00:00

Tiger Lake CPUのエンジニアリングサンプルは、最近 1080p(高設定)でバトルフィールドVにデモされ、平均30 FPSを実現しました。プラットフォームは初期のドライバーとソフトウェアを使用していましたが、モビリティプラットフォームのXeアーキテクチャからのグラフィックパフォーマンスの簡潔で印象的なプレゼンテーションを見ることができました。HardwareLuxxの編集者であるAndreas Schillingが同じテストを行った同じシーンで、Intelの古いGen 9.5およびGen 11 GPUとXe GPUのGPUパフォーマンスを比較しました。


彼の調査結果は、Core i7-1165G7がCore i7-1065G7の2倍以上、Skylake時代の古いGen 9.5グラフィックチップを搭載したCore i7-10710Uの4倍高速であることを明らかにしました。これらは間違いなく、Xe GPUと今後のTiger Lakeチップの初期プレビューの印象的な結果です。

Intel Tiger Lakeプロセッサは数か月で出荷される予定で、アーキテクチャにいくつかの新しい変更が加えられます。まず最初に、現在Ice Lakeプロセッサに搭載されているSunny Coveコアに代わる新しいWillow Coveコアが搭載され、新しいコアとともに、キャッシュの再設計、新しいトランジスタレベルの最適化、および強化されたセキュリティ機能が提供されます。また、Xe-LP GPUをTiger Lakeチップに搭載し、現在Ice Lakeチップに搭載されているGen 11 GPUの2倍のパフォーマンス向上を実現します。