Intel Tiger Lake 10nm「11th Gen Core」およびAMD Renoir 7nm「Ryzen 4000」モビリティCPUベンチマークは、AMDが強力なCPUパフォーマンスを維持するも、GPUではintelが優位に

(Source:wccftech)

Intel Tiger Lake CPUは2020年第3四半期にノートブックに登場する予定であり、これらのチップのベンチマークリークは日々増え続けています。TUM APISAKとRogameによって発見された最新のベンチマークは、Intel 11th Gen Tiger Lake 10nmラインナップとAMD Renoir Ryzen 4000 7nmラインナップとの比較を示しています。

Intel Tiger Lake 10nm ’11th Gen Core’およびAMD Renoir 7nm ‘Ryzen 4000’ CPUのベンチマーク比較、Tiger Lake-UはEary ES状態で有望な結果

ベンチマークは、3DMark 11 Performanceベンチマークで実施されました。CPUは、4コアと8スレッドを特徴とする第11世代Intel Core i7-1165G7です。このチップは、新しい10nm + Willow Cove CPUアーキテクチャに基づいており、AMDの7nm Vega GPUと競合するXe GPUベースのグラフィックチップも搭載しています。CPUのベースクロックは2.8 GHzで、ブーストクロックは4.7 GHzです。これは、10 nm以上のデバイスには非常に印象的です。これは、インテルのTiger Lake-Uチップで見られ始めた最近の4.50 GHz以上のクロック速度と一致しています。

この特定のチップのベンチマークに入ると、Tiger Lake Core i7-1165G7はPhysicsで8028ポイント、グラフィックステストで6218ポイント、全体のスコアは6211ポイントです。次に、比較ベンチマークを確認し、Rogameがそれを提供して、チップがその前身である10 nm Ice LakeベースのCore i7-1065G7およびAMDの最速7 nm Renoir UシリーズチップであるRyzen 7 4800Uとどのようにスタックするかを示します。

以前のIce Lakeと比較すると、Core i7-1165G7 Tiger Lake-U CPUは最大35%優れたグラフィックスパフォーマンスを提供しますが、より高いクロック速度の利点があるにもかかわらず、Physicsベンチマークでわずかに遅れをとっています。Core i7-1065G7 Ice Lake CPUのベースクロックは1.30 GHzで、ブーストクロックは最大3.90 GHzです。Tiger Lake-Uチップは、ベースクロックが2.8 GHz、ブーストクロックが4.7 GHzで、わずかに優れています。このベンチマークは、最終的な形のWillow CoveコアでTiger Lake CPUがまだ動作していないことを示しています。

これにより、AMD Ryzen 7 4800Uとの次の比較が可能になります。AMDRyzen 7 4800Uは、コアとスレッドの数が2倍(8/16)で、8 CUまたは合計512コアにわたって1750 MHzでクロックされる7nm Vega GPUを提供します。Ryzen 7 4800Uは1.8 GHzベースと4.2 GHzブーストでクロックインします。CPU側は、IntelのTiger LakeよりもRyzen CPUの方が最大50%高速ですが、Tiger Lake-UのCPUスコアは、Ice Lakeと比べてクロック速度が高いため、最終的なものではありません。ただし、GPU側では、初期段階でも、Tiger Lake CPUに統合されたXeアーキテクチャにより、AMDよりもグラフィックスパフォーマンスで優位に立っています。チップが正常に動作することを考えると、CPUスコアがIce Lakeプロセッサーのスコアを簡単に超え、10,000ポイントを超え、2倍のコアとスレッドを提供するRenoirラインナップ間のパフォーマンスギャップが減少していることがわかります。これらのベンチマークは、Intelの4コアCPUがAMD Ryzenの「Zen 2」ベースのプロセッサーに生のCPUパフォーマンスで近づき、モバイルAPUのルノワールラインに統合されているAMDのVega GPUアーキテクチャよりも優れたパフォーマンスを提供することを示しています。

第11世代のTiger Lakeファミリは、モバイルノートパソコンとゲーム用ノートブック用に構築

Intel Tiger Lake CPUは第11世代コアファミリと呼ばれ、ラップトップおよびゲームノートブック専用に登場します。ラインナップには、Tiger Lake -Y、Tiger Lake -U、Tiger Lake -Hの3種類があります。Tiger Lake-YおよびTiger Lake-Uプロセッサーには、CPUを次世代デバイスに統合するさまざまなOEMおよびラップトップベンダーによって内部テストされているいくつかのリークがありました。

Tiger Lake-Yは4.5-9W TDPのCPUで構成され、4コア/8スレッドまで備ています。GPU側にはGT2層、Gen 12 Xe GPUが含まれます。Tiger Lake-Yプロセッサーは、UP4(BGA 1598)パッケージで提供されます。Tiger Lake-Uは15-28W TDPのCPUで構成され4.50 GHzに近くブーストしてはるかに高いクロック速度で4コア/8スレッドを備えています。これらのCPUはGT2層、Gen 12 Xe GPUも備え、UP3(BGA 1499)パッケージで提供されます。

次に、新しいWillow Coveアーキテクチャに基づく最大8コアおよび16スレッドのチップで構成される高性能のTiger Lake-Hラインナップがあります。CPUは、最大34 MBのキャッシュを実行します。これは、24 MB L3(コアあたり3 MB L3)および10 MB L2(コアあたり1.25 MB)です。Tiger Lake CPUには、非対称の48/32 KB L1キャッシュが付属し、AVX2およびAVX-512命令を完全にサポートします。Tiger Lake-H CPUは、2レベルメモリ(2LM)とSGX(Software Guard Extensions)をさらに備えています。IntelのTiger Lake-Hは最大3200 MHzのDDR4速度をサポートし、Tiger Lake-UはDDR4-3200 / LPDDR4x 4266をサポートし、Tiger Lake-YはLPDDR4X ramのみをサポートします。

Intel Tiger Lakeプロセッサーは2020年に登場する予定で、アーキテクチャにいくつかの新しい変更が加えられる予定です。まず、現在Ice Lakeプロセッサーに搭載されているSunny Coveコアに代わる新しいWillow Coveコアが搭載されます。新しいコアとともに、前述のキャッシュの再設計、新しいトランジスタレベルの最適化、強化されたセキュリティ機能が提供されます。Intelはまた、Tiger LakeチップにXe GPUを搭載し、現在Ice Lakeに搭載されているGen 11 GPUの2倍のパフォーマンス向上を実現します。

これとXe GPUアーキテクチャを組み合わせることで、10nm +ノードはIce Lakeチップに搭載された10nm +アーキテクチャの最初の反復と比較して、増加したクロックも提供するはずです。10nm Tiger Lake CPUは、2020年半ばにAMDの7nm Zen 2ベースのRyzen 4000「Renoir」ファミリに取り組みます。