Intel 第11世代Coreデスクトップシリーズは存在しない?!

(Source:videocardz.)

第11世代Core-Sシリーズの発売は間もなく予定されています。結局のところ、IntelはComet Lake-Sシリーズベースの14nmアーキテクチャを発表したところです。ただし、Core-Xシリーズでさえ今年更新されないという事実は、いくぶん圧倒されます。このスライドは昨日のアジアインテルパートナーミーティングからのものなので、とても新鮮です。これは、Intelが今年新しいCore-Xシリーズを発売せず、最高級のCPUが18コアで停止することを示しています。インテルCore-Sシリーズも今年は後継者を迎えません。噂によると、Rocket Lake-Sシリーズは今年後半に発売される可能性がありますが、シリーズが第10世代コアの一部になるのか、代わりに第11世代シリーズとして発売されるのかは不明です。このスライドが本当であり、他に信じる理由がない場合、インテルは今年、コンシューマデスクトッププラットフォーム向けにほぼ完了しました。同社はまだモバイルデバイス向けのTiger Lakeを発売する予定であり、うまくいけばその年末に向けてその個別のXeグラフィックスを発売する予定です。

出典:ROG.Forums via @ 9550pro